FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

エフエムうけんの開設

南海日日新聞の1月5日の記事で、奄美大島宇検村で地域エフエム放送が始まったとの報道がありましたので、お伝えします。奄美市の麓さんたちが行っている、あまみエフエムのように、地域発の情報によって、地域の人々が地域への愛着を深め、多くの若い人々が地域に帰り、地域を自らの力で元気にするラジオになってほしいと思います。





 宇検村のコミュニティーラジオ局「エフエムうけん」が4日、同村湯湾のスタジオ(鹿児島地方法務局宇検出張所跡)で開局した。防災行政無線を兼ねた珍しいスタイルで、2民間局と提携したのも特徴。コミュニティーFMは全国の村で初めてという。國馬和範村長は「住民参加型のラジオ局にしたい」と期待を寄せる。周波数は76・3メガヘルツ。

 放送局は防災行政無線戸別受信機が老朽化したため、村が予算2100万円を掛けて整備。特定非営利活動法人(NPO法人)「エフエムうけん」(理事長・屋宮喜治教育委員長)がボランティアを含むスタッフ15人で運営する。

 24時間態勢で行政情報や島唄、トーク番組などの自主放送のほか、あまみエフエムやMBCラジオの番組も流す。災害時は緊急放送を割り込むように設定している。

 セレモニーがあり、テープカットに続いて國馬村長が「集落の自慢話などこれまで聞けなかった情報も聞けるようになり、楽しみのひとつになると確信している」とあいさつし、住民の参加を呼び掛けた。

 スタジオではあまみエフエムが同時中継する中、午後1時に開局。屋宮理事長や新成人らが出演する特別番組が放送され、シンガーソングライターの石野田奈津代さんと久志小中児童らがイメージソング「I LOVE 宇検村」で祝った。
スポンサーサイト



<< 『琉球の国家祭祀制度―その変容と解体過程』のご紹介 | ホーム | バヌアツと中国、パプアニューギニアと豪州・中国 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP