FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球の国家祭祀制度―その変容と解体過程』のご紹介

琉球の独立、自立を考える雑誌『うるまネシア』の編集員をされている、後田多敦さんが出版舎 Mugenから、
2009年11月に『琉球の国家祭祀制度―その変容と解体過程』を出版され、小生に送ってくださいました。

心よりお礼申し上げます。心して読ませていただきたいと思います。

琉球の国家祭祀制度がどのように形成され、日本国によってどのように解体されたのかは、琉球の自治、自立、独立を考えるにあたって非常に重要なことであると思います。

琉球の歴史を踏まえてこそ、琉球の今を考え、将来を構想することができると思います。

石垣島の川平出身である後田多さんには、これまで色々とお世話になってきました。王国時代の祭祀制度については、『環』等でも書かれていましたが、この度、本としてまとめられ、後田多さんの歴史観がより一層、明確になり、多く方々に共有されることを願っています。

後田多さんは八重山、琉球が誇る、詩人でもあり、琉球の言葉による美しい詩を沖縄タイムス紙上で詠んだことがあります。

島の歴史のみならず、民俗についても考察されています。また首里を中心とした琉球王国だけでなく、石垣島、川平についても書かれており、八重山史研究においても、重要な貢献をされたように思います。

琉球、八重山の香りのする素晴らしい本です。

本の構成は次の通りです。



序章 琉球の国家祭祀制度の変容・解体過程研究の意義

第1章 琉球国の国家祭祀制度

第2章 「琉球処分」と国家祭祀制度

第3章 石垣島の国家祭祀-二度にわたる変容過程

終章 川平の祭祀をめぐる記憶と伝承

付・川平の祭祀関連資料-「後田多朝吉ノート」抄

スポンサーサイト



<< 沖永良部島、与論島と南琉球との連携 | ホーム | エフエムうけんの開設 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP