FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖永良部島、与論島と南琉球との連携

09年12月9日の南海日日新聞に沖永良部島、与論島と南琉球との交通体系形成への要望が住民から出されたことについての報道がありましたので、お伝えします。昨年5月、沖永良部島でゆいまーるの集いをしました。私は、沖縄島から船で移動しましたら、島の近さに驚きました。行政的境を越えて、琉球文化圏の島々がさらに結びつくことが必要であると思います。琉球は一体であるとの思いを、現実にするための政策が求められています。島と島とがゆいまーる関係を結ぶことで、島経済の自立にも展望がみえてきます。




奄美地域将来ビジョン(仮称)の策定に向けた沖永良部島・与論島地区の第4回懇談会は8日、和泊町の県沖永良部事務所であった。県大島支庁が示したビジョン概要版を基に委員5人が意見交換。与論、沖永良部各島の方向性については産業振興の基盤を強化するため、沖縄と連携した輸送体制を確立すべきだとの意見が多く出た。

 概要版は(1)安心・安全で活力のある生活空間(2)地域資源を活用した産業振興(3)奄美群島の特色を生かした観光振興―などの6項目が柱。各項目に沿って島別の方向性を記している。

委員からは全体案を取りまとめる県大島支庁に対して「島々の実情を反映した取り組みを積極的に盛り込んでほしい」との注文が出た。

 同地区の重点的な取り組みとして「沖縄を経由した農産物の空輸が有望。物価が安い沖縄から物資を多く入れられないか」

「今の輸送体系では生産が難しい作物もある。流通システムを構築すれば品目の幅は広がる」など沖縄との輸送体制構築に期待する意見が相次いだ。

 地域資源を活用した産業振興では地産地消や異業種交流の必要性を指摘する声のほか、「奄美全体の観光PRを強化してほしい」という要望が上がった。

 同地区の懇談会は今回が最後。徳之島地区懇談会、奄美全体の懇談会を経て来年3月にビジョンを公表する見通しだ。
スポンサーサイト



<< 鹿児島、沖縄県交流宣言式典の意味 | ホーム | 『琉球の国家祭祀制度―その変容と解体過程』のご紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP