FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

鹿児島、沖縄県交流宣言式典の意味

09年11月22日の南海日日新聞に鹿児島県、沖縄県による交流宣言署名式と、それに対する抗議活動について報じていますので、お伝えします。

このブログでも、前利さんの写真を以前、紹介しました。行政主体で上から歴史解釈をして、草の根的に島々の歴史を議論することなく、「地域振興」という行政的観点から交流宣言を行うことに、どのような意味があるのでしょうか。
交流する主体は、島々の人間です。1609年から薩摩・鹿児島は奄美諸島を植民地支配を行ってきました。

それ以前は、琉球王国が奄美諸島を軍事侵攻し、支配下におきました。そのような歴史の重みを考えずに、単に「交流」といわれても、内実がともなわない、行政のパフォーマンスであると思います。もしもこのような内容の式典を行うなら、鹿児島市、那覇市で行うべきであり、植民地支配の何の反省もないまま、奄美諸島で実施すること自体、島の住民に対する冒涜ではないでしょうか。

琉球史の研究者が「わが国の新しい南の拠点になる」と言っていますが、日本という国境内に琉球を押し込める発想です。琉球の島々は日本と歴史的に対等な存在であり、アジア、世界に開かれた地域です。





2009年は薩摩軍の奄美、琉球侵攻から400年。鹿児島、沖縄をはじめ各地で講演会、シンポジウムが行われているが、400年を契機に未来志向の連携、交流を図ろうと、「沖縄・鹿児島連携交流事業」記念式典が21日、奄美市笠利町の県奄美パークであった。鹿児島県の伊藤祐一郎知事、仲井眞弘多沖縄県知事が「過去の出来事や成果を踏まえつつ、真の隣人としてあらゆる分野・世代で一層の交流を推進する」と交流拡大を共同宣言した。

 交流拡大宣言は「薩摩による琉球出兵・侵攻400年という節目を迎えたこの年、過去の出来事や成果を踏まえつつ、両県が真の隣人としての関係を新たに構築するとともに、未来に向けて交流を拡大し、発展させることが重要」「両県はあらゆる分野・世代で一層の交流を推進し、相互の繁栄を目指して協力することを奄美の地で宣言する」との内容。

 宣言への署名、記念品交換を終え、伊藤県知事は「これからは東京を中心とした一極集中型から地域間連携に進んでいく。700キロの距離がある両県が連携するのは時代の必然。まず人的交流から始めたい」と述べた。仲井眞沖縄県知事は「深い歴史がある方がこれからの交流を進めていく大きなエンジンになる。奄美は近いが、飛行機も小さい。もっと積極的に交流を進めたい」などと答えた。

 式典にあたって高良倉吉・琉球大学教授は「両県のパートーナシップはわが国の新しい南の拠点になりうる」とのメッセージを寄た。開催地を代表して奄美市の平田隆義市長は「新たな連携軸の幕開け。奄美が果たす両県の懸け橋として役割を考えると、感慨深い」とあいさつした。

 式典に続いて文化交流があり、奄美高校郷土芸能部や海勢頭豊さん(沖縄)、鹿児島古典舞踊協会、琉球舞踊の団体が出演した。


 「奄美が搾取され続けた歴史検証や総括が欠けている」として、沖縄・鹿児島交流拡大宣言に反対、中止を求めていた奄美、鹿児島本土の住民グループは21日、奄美市笠利町の県奄美パークで開催された「沖縄・鹿児島連携交流事業」記念式典会場前で抗議行動を展開した。

 抗議行動をしたのは趣旨に賛同する20人。式典の開始前、午後2時半ごろ、会場の玄関前に集結し、宣言の中止を要求した。グループは「奄美の歴史を隠蔽する交流拡大宣言の中止を求める」との横断幕、プラカードを掲げ、薩摩藩の支配後に島々が受けた困難を連呼した。

 奄美パーク側は事前に「施設内で横断幕、チラシの配布はできない」と掲示していた。制止に入った県職員と住民グループが押し問答になる場面も。抗議は式典開始前まで続き、式典中にはやじも飛び出した。

 式典は鹿児島、沖縄両県の交流拡大へ向けた新たなスタートとなった半面、歴史認識に対する奄美側の反発、住民の複雑な感情も浮き彫りにした格好だ。

 抗議行動に参加した「交流拡大宣言の中止」を要求する奄美の会の仙田隆宣代表は「宣言には『過去の歴史と成果を踏まえ』とある。奄美を犠牲にしたことが成果というのか。1609年以前は琉球の支配下にあり、鹿児島、沖縄が奄美の不幸な歴史をつくった反省がどこにも盛り込まれていない」と語気を強めた。

 「歴史が検証されていない」との指摘に対して伊藤祐一郎県知事は「人によって見方が違う。何が検証され、検証されていないかはお互いの関係が深化していく中で考えていく問題。世界中の国が過去を持ち、未来に向かっている」と述べ、抗議行動を批判した。
スポンサーサイト



<< ニューカレドニアの独立運動、フィジーと西欧民主主義、パラオとアジア人労働者 | ホーム | 沖永良部島、与論島と南琉球との連携 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP