FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ニューカレドニアの独立運動、フィジーと西欧民主主義、パラオとアジア人労働者

今日、午後1時より、京都コンソーシアム1階会議場にて、川音さんと私の琉球に関する講演会がありますので、お時間がおありの方はお越しくださり、議論ができれば幸いです。

2005年8月の太平洋諸島ニュースをお送りします。



私は今から12年ほどまえ、ニューカレドニアに行き、独立運動と経済活動について調査をし、論文を書いたことがあります。仏領ポリネシアとともに、ニューカレドニアには独立を求めた運動とともに、先住民族による様々な自治活動も展開されてきました。


8/17 PIR
 ニューカレドニアの独立派政党が国連に支援を求めている。

ブリスベーンで開催されている国連の会議においてニューカレドニアの独立派議員が、フランスの企業は我々の領土をこれ以上「侵害」しないでもらいたいと、訴えた。先住民問題に関する国連太平洋地域メンバーであるドッドソン氏は、「国連は調査し、報告をする力があるだけでなく、国連加盟国が自らの領土内において人権を侵す行動をした場合、問題解決のために強制力を行使することもできる。」と述べた。


現在のフィジーの首相は、バイニマラマ氏であり、軍司令官でした。ガラセ首相をクデターによって首相の座から追いだしました。


8/29 PIR
 ガラセ首相が、西欧の民主主義はフィジー人にとってはまだ異質であると述べた。

フィジーのガラセ首相は、ナンディで開催された英国コモンウェルスの議員のために開かれたワークショップにおいて、民主主義という西欧の概念は先住のフィジー人にとってまだ異質のものであると述べた。ガラセ首相は、すべての個人に平等な権利を与えるという人権宣言は、上下関係の厳しい、先住のフィジー人が有する社会構造とまったく対立していると語った。

首相はまた、「首長は生まれや地位により社会の頂点にあるのに対し、その他の人間は階層社会の中で共通の役割を担っている。多くの海外の人々がそのことを理解していない。そのために、外国政府の中にはフィジー問題の本質を理解できず、西欧の単純で危険な考えに基づいた解決方法を強制している。」と述べた。


昨年、学生とパラオに行った際、世界的不景気のあおりをうけて、外国人労働者が解雇、賃金未払い、帰国等の問題に直面していました。フィリピン大使館に行ったとき、解雇され、生活費がないフィリピン人数人が大使館の入り口の方で、毛布を敷いて寝ていました。



8/30 PIR
 タイ政府がパラオでのタイ人の就労機会の拡大を求めている。

タイ政府の職員がパラオを訪問し、メイド、コック、ウェイトレス等としてタイ人が就労できる機会についてパラオ政府関係者と話し合った。

現在、タイ人12人がパラオでコックやウェイトレスとして働いている。パラオでは中国やバングラデッシュからの労働者と地元経営者との間で大きな問題が発生している。

現在、パラオには7383人の外国人が働いている。その内訳をみると、フィリピン人が4966人、中国人が1137人、ベトナム人が379人、バングラデッシュ人が234人、日本人が155人、台湾人が124人、インドネシア人が81人、ネパール人が67人、韓国人が57人、米国人が57人、インド人が37人、トンガ人が22人、豪州人が11人、英国人が9人、アフリカ人が4人、ミクロネシア連邦人が4人、カナダ人が3人、フィジー人が3人、イスラエル人が3人、マレーシア人が3人である。
スポンサーサイト



<< 捕鯨と援助、グアムでの日米共同演習、グアムの観光 | ホーム | 鹿児島、沖縄県交流宣言式典の意味 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP