FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

捕鯨と援助、グアムでの日米共同演習、グアムの観光

昨日は、講演会でおきまして、参加者の皆さんと議論をして、マルクス主義と琉球との関係について色々と考えさせていただきました。感謝いたします。

2005年7月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。


日本は太平洋で捕鯨をしていますが、日本の捕鯨政策とODAは非常に緊密な関係にあるといえます。基地と振興開発とのリンケージのように、金で政策を推進しようとする日本政府の方針がここでもみられます。


7/4 PIR
 パラオが日本の捕鯨政策を強く支持している。

国際的なダイビング団体のボイコットという脅しにもかかわらず、パラオ議会のオカダ副議長は、商業捕鯨を拡大すべきとする日本政府の方針をパラオが支持する必要があると述べた。

オカダ副議長は「日本政府は数百万ドルの援助金をパラオに提供してきた。パラオを訪れる日本人観光客も多い。ハワイのダイビング団体がパラオの政治に介入すべきではない。」と述べた。

ハワイ国際サーフ・ダイブ協会とその他の太平洋諸島のダイビング団体は、日本の捕鯨政策を支持しているパラオでのダイビングをボイコットするように主張している。ハワイのダイビング団体に属している31のメンバーは、日本の捕鯨政策を支持しているパラオ、ソロモン諸島、ツバル、キリバスをこれから2年間、ダイビング案内先リストから削除することを決定した。

パラオのレメンゲソウ大統領は、「商業捕鯨に対するパラオの立場は日本からの援助とは関係ない。科学的調査の結果が出れば、パラオの立場は明らかになるだろう。」と述べた。


現在でも日米の共同軍事訓練がグアムで行われていますが、基地機能増強後は、グアムにおける自衛隊の演習がさらに活発になり、チャモロ人に対しても大きな被害を与えることになることをおそれます。


7/14 PIR
 グアムで日米共同の航空演習が実施された。

航空自衛隊と米空軍がグアムのアンダーセン米空軍基地において共同演習を行った。ある自衛官は「かつて日米は互いに戦った。戦後、我々は協力しなければならない。」と述べた。共同演習に参加した日米の軍幹部は、今回の共同演習と北朝鮮を非軍事化しようとする外交努力との間には関係はないと語った。

共同演習には自衛隊側が240人、米空軍側が300人参加した。日米共同演習は1978年以来毎年実施されているが、今年の演習は自衛隊にとって特別な意味を持っている。それは初めて地上の標的に対し実弾を発射する演習を実施したことである。実弾発射訓練は、サイパン島の沖合にあるファラロンデメディニラ島で実施された。


グアムの観光ツアーは低価格が特徴で、琉球とも競合する性格をもっています。グアムの歴史や文化、現実の苦悩を知らないで、遊ぶ島として帰る日本人が大部分です。


7/15 PIR
 グアムを訪問する日本の低所得観光客が増加している。

過去5年間、グアムを訪問する日本の低所得観光客数が増加している。グアム観光局によると、グアムを訪問する日本人観光客の客層が変化しており、富裕層から低所得層に移行している。

2000年と比較して、2005年における年収1000万円の観光客数が3%減少した。年収700万円の観光客は2000年には全体の33%であったが、2005年には21%に減った。

他方、年収300万円の観光客は2000年に比べ2005年は7%増加した。グアム観光局関係者は「所得レベルからみると、日本からの観光客の質の低下が見られる。」と述べた。低所得観光客が増加することは、島で観光客が消費する金額が減少し、観光産業の収入も減ることになる。

台湾、韓国等、ショッピング、食事、文化、価格の安さ等でアピール力を持っているアジアの観光地とグアムが激しい競争に晒されている。
スポンサーサイト



<< 名護市長選挙の結果を受けて | ホーム | ニューカレドニアの独立運動、フィジーと西欧民主主義、パラオとアジア人労働者 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP