FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美と沖縄をつなぐ取り組み

11月17日の南海日日新聞に奄美と沖縄をつなぐシンポとコンサートについての記事がありましたので、お伝えします。
「与論クオリア」の喜山さんが中心になって進めてきたイベントです。
私は、参加することができませんでしたが、昨年末、東京に行ったとき、琉琴でビデオを通じて見させてもらいました。喜山さんが行政的に分断された琉球文化圏の島々をつなぎたいという、強い思いを感じることができました。

知事同士による上からの交流宣言ではなく、このような草の根的な民のつながり方に私は親近感を覚えます。奄美諸島の方と話していると、本当に、琉球人としての一体感を自然に感じます。




薩摩藩の奄美、琉球侵攻から400年が経過した。2009年を奄美、沖縄のつながりを回復する一つの契機にしようと、「『奄美と沖縄をつなぐ』異種格闘技型トークセッションと新感覚シマウタコンサート」(LINK AO)=同実行委員会主催=が14日、東京・新宿の牛込箪笥区民ホールであった。

参加者は奄美、沖縄の島々が強烈な個性を持ちつつ、共通する文化を再確認。「それぞれの島を基準に、自分らしさを発揮して奄美、沖縄をつないでいこう」と、新しい琉球弧像を訴えた。

 「LINK AO」はトークセッションとコンサートの2部構成。トークは上里隆史・早稲田大学客員教授(長野県生まれ、那覇市在住)、圓山和昭氏(居酒屋「奄美の家」=龍郷町出身)、喜山荘一氏(マーケター、与論島出身)、藤木勇人氏(うちなー噺家、両親が奄美大島出身)の4人が登壇した。

 喜山氏は冒頭、「『400年』をテーマに奄美、沖縄で各種イベントが行われている。それぞれに意義はあるが、自分たちは400年をどう引き受けるのか。与論と沖縄に引かれた境界をどう乗り越え、つないでいくか」などと問題提起した。

 上里氏は長野県で育ったため、純粋なウチナーンチュではないことに違和感を感じていたが、研究を続ける中で身近になったという。「ブータンが総幸福量を唱えているように?Bやんばる率?Cといった独自の価値観、自分らしさにつながるものを生み出す。それぞれの島を基準につないでいこう」と呼び掛けた。

 圓山氏は東京で沖縄料理店に通ううちに、奄美のコミュニティーが必要と感じ、出店した。「奄美は奄美。島のことをもっと紹介したい」と意欲的。藤木氏は「沖縄のイメージは外からつくられたもの。自分らしさをどう掘り起こすかが問題。コンプレックスを誇りに変えよう」と訴えた。

 2部は藤木さんのユンタク(漫談)で幕を開けた。龍郷町戸口での洗骨体験を基に、シマンチュの温かさ、優しさを笑いで紹介した。続いて東京在住の唄者や踊り手が登場。琉球弧全体に広がる(1)行きゅんな加那系(2)稲しり節系(3)与論小唄系(4)畦越い(ハンヤセンスル)系(5)六調系―の5つの分野を演奏した。

 与論2世の中山青美ちゃん(7)がかわいい声で与論小唄を歌うと、涙する人もいた。最後は奄美、八重山、徳之島六調の大競演。会場も一体となって盛り上がった。島々の個性とつながりが芸能を通して浮かび上がった。
スポンサーサイト



<< 竹富町の人口減少 | ホーム | 名護市長選挙の結果を受けて >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP