FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

竹富町の人口減少

1月26日の八重山毎日新聞に、竹富町の人口が減少しているとの報道がありましたので、お伝えします。「沖縄ブーム」のころは、毎年のように人口が増加していましたが、07年から人口減少に転じ始めました。特に移住などの社会増加は06年から減少しています。

西表、鳩間、波照間が大きな減少となっています。なぜ、移住者が2000年から増えて、06年から減少したのかを分析する必要があります。ブームは必ず去ってしまいます。外の動きに左右されにくい、土台がしっかりした島の自治のあり方が重要です。



4000人台割り込む恐れも

 本土からの移住者の増加を背景に、2006年3月には4169人にまで増加した竹富町の人口が、07年度から減少に転じ、09年3月末には4010人と、4000人を割り込む寸前にまで減少していることが、町の人口動態のまとめでわかった。出生から死亡を引いた「自然増加」は増加傾向にあるが、転入から転出を引いた「社会増加」が、06年度からそれを上回る減少を示している。

特に08年度は118人もの社会減があり、その傾向が顕著となった。09年12月末の人口は4044人にまで増えている。

 竹富町の人口は、64年末で7483人が住民登録しているが、それ以降は島を離れ、石垣市や本島、本土に移住する者が相次ぎ、76年には3300人台にまで減少。

その後、わずかな増減を繰り返しながら、微増に転じ、2000年ごろから本土からの移住ブームに乗り、増加傾向が顕著となり、04年10月には4000人を突破。06年3月には4169人にまで増加していた。

 その間、人口動態は、91年度以降、自然増、社会増とも増加基調をたどり、特に社会増は本土からの移住者を中心に03年度から05年度までの3年間は100人を超える社会増があり、自然増と相まって急激に人口が増加した。だが、06年度以降は、自然増がプラス60人と安定するなか、社会増は08年度までの3年間で219人ものマイナスとなった。

 特に08年度は、自然増がプラス26人なのに対し、社会増は118人のマイナスとなり、人口が前年度から92人減少した。

 島別の09年3月末の人口は竹富で325人(06年3月比7人減)、黒島219人(同1人増)、小浜(加屋真島含む)640人(同18人増)、新城13人(同5人増)、西表東部893人(同49人減)、西部1327人(同59人減)、鳩間51人(同22人減)、波照間542人(同46人減)と、黒島、小浜、新城を除くすべての地区で減少に転じている。
スポンサーサイト



<< 琉球の若者よ、奮起せよ! | ホーム | 奄美と沖縄をつなぐ取り組み >>


コメント

 おはようございます。
与論島クオリアの愛読者です。
竹富島の人口減に与論島の観光の推移を見る思いがします。

 私もNPOの活動を通じて、地方からの発信を心がけたいと思っています。
琉球圏としての位置にあることの自我が行政への反発となって、変な叔父さん行動をしてにらまれそうなんです。
 時々、お邪魔させてください。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
私も変なおじさんとして島々を歩いています。NPO活動、琉球の島々に関するご意見等があれば、このブログに投稿されてください。


>  おはようございます。
> 与論島クオリアの愛読者です。
> 竹富島の人口減に与論島の観光の推移を見る思いがします。
>
>  私もNPOの活動を通じて、地方からの発信を心がけたいと思っています。
> 琉球圏としての位置にあることの自我が行政への反発となって、変な叔父さん行動をしてにらまれそうなんです。
>  時々、お邪魔させてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP