FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球の若者よ、奮起せよ!

1月6日の八重山毎日新聞の社説で八重山人の青年に奮起を促す社説が掲載されていましたので、お伝えします。
これは八重山諸島のことだけでなく、琉球全体に通じることである。大和資本、日本人による経済活動または経済支配が非常に顕著になっている。

琉球人の若者も、宮古島の「あららがま」精神(オリオンビール創設者の具志堅宗精がもっていた「なくくそまけてたまるか」という精神)をもって、果敢に政治経済面において活躍してほしい。

ゆいまーるの集いでも、沖永良部島の青年のように、目が輝き、前向きに自らの事業を展開している青年にであった。
このような琉球の青年が島の自治、自立の主体である。人が第一であり、カネやモノは二の次である。

公務員志向、安定志向ではなく、もっともっと琉球を自らの力で変えてほしいと思う。琉球の青年にはそのような力があると信じる。



600人余が新成人
 成人の日は11日だが、八重山では正月休みを利用してひと足早く4日までに成人祝いが行われ、今年は石垣市の570人余をはじめとして3市町で600人余が晴れて大人の仲間入りをした。そこで新成人の皆さんはじめ八重山の若い皆さんに夢を大きく持って何事にも挑戦する意欲、奮起を望みたい。

 世界的な大不況で皆さんを取り巻く環境は、かつての「1億総中流」が今では「格差社会」と呼ばれるように、貧富の差が日本でも拡大し、失業と貧困、自殺が増加し経済・雇用環境はきわめて悪化している。しかも今後の見通しも決してよくない。しかしだからこそ若い皆さんにはそれを乗り越えるがんばりを望みたい。

 さらに加えると、これは八重山だけに限らず沖縄全般に言えることだろうが、本土出身の方々に負けない意欲と奮起も望みたい。

■がんばる本土出身者
 年間80万人近くの観光客が訪れる八重山は、これは観光地の必然性かホテル業を中心に外資や本土資本の進出が増え、さらに八重山の豊かな自然に魅せられて本土からの移住者も増えた。

 今ではさまざまな職場で本土出身の方々が普通に働いているし、市内や離島で飲食店などの商売をしている人々も本土出身者が目立つようになった。市内の桟橋通り、ゆいロードなどの各商店街は最近目立っておしゃれになったが、それは本土出身の方々のセンスの良さとアイデアを凝らした店構えや営業によるところが大きいだろう。

 今は落ち着きを取り戻しているが、ここ数年の「移住バブル」の一時期は急激な開発と移住者の急増で自然・文化の消失とともに、八重山経済も本土資本に乗っ取られ、植民地化するのではとの心配が出たほど。それはそれほどに本土の人々が勤勉で各分野でがんばり、それに比べて地元の人々はがんばりが少ないということだろう。

 確かに本土の人々は、飲食業や土産品、スキューバダイビング、民宿などの起業をはじめ、ホテルや介護、それにエコなど各分野で活躍している。

■親の意識改革が必要
 それに比べ地元の若者は公務員志向が強く、起業志向は少ない。さらにホテルなどの接客業や介護職なども敬遠しがちだ。不況の時代であり安定職業の公務員を目指すのは大いに結構。それならコネの世界もささやかれる市町役場だけでなく、合格者が少なくそのうちゼロの可能性もある県や国の公務員、教員にもどんどんなってほしい。

 ただ八重山の若者はそれだけでなく他の分野でも本土の人々に負けないよう挑戦。飲食店でも土産品店でも何でもよい、社長さんも目指してほしい。スキューバダイビング業も決して本土の人々の専売特許ではないはずだ。

 商工会や行政も毎年、「起業家育成塾」を継続して開くなど公務員や教員も含め官民一体の人材育成が必要だ。
 八重山は観光地としてホテルが雇用の中心であり、若い人たちはホテルを敬遠するのでなく、むしろ一流のホテルマン・ウーマンに挑戦してほしい。

 確かに接客の難しさと、これは介護職も同様待遇の問題があるが、経営側にはホテルの魅力アピールと積極的な人材育成への努力が求められるし、行政側もその面の支援が必要だろう。

 そしてもっとも大切なことは、公務員志向の強い親の皆さんが「八重山は公務員だけがすべてでない。農業も漁業も、商業も観光も福祉もすべてが大事だ」と変われば、八重山は大きく変わることになるだろう。
スポンサーサイト



<< 『戦場の宮古島と「慰安所」』のご紹介 | ホーム | 竹富町の人口減少 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP