FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『戦場の宮古島と「慰安所」』のご紹介

津田塾大学の水谷さんから『戦場の宮古島と「慰安所」』を頂戴いたしました。心より感謝を申し上げます。
心して読ませていただきたいと思います。水谷さんも宮古島における日本軍の慰安所の調査に参加され、論文を寄稿されています。

来月は宮古島に、ゆいまーるの事前調査に行く予定です。島の歴史を学んで、島の土を踏ませていただきます。

『戦場の宮古島と「慰安所」』日韓共同「日本軍慰安所」宮古島調査団著、洪ユン伸編 なんよう文庫(平和ネット・川満昭広/主宰)2100円

昨年10月25日の琉球新報に平良修さんが書評を書かれていますので、ご紹介します。




 アジア・太平洋戦争で日本軍が展開したところには、慰安所が設置された。だまされて「慰安婦」にされ、肉体的精神的苦痛にさいなまれた被害者たちは日本政府を告発した。政府は自らの関与を否定し、すべて業者の営業行為によるものと強弁した。

しかし動かぬ証拠を突きつけられた結果、公的関与を認めざるをえなくなった。にもかかわらず、日本政府はいまだに責任を取ろうとはしていない。

日韓両国に真の平和がないのは「慰安婦」問題が未解決だからであると言ってよい。将兵の戦意高揚、強姦防止、性病対策、機密保持策として日本軍の管理監督下に置かれた慰安所は、沖縄全体で136ヶ所。うち宮古島には16ヶ所。

 本書は日・沖・韓の有志による「宮古島に日本軍『慰安婦』の祈念碑を建てる会」が2006年から08年にかけて行った調査と碑建設の報告書である。そこには日本国家によっては決して書かれない歴史が描かれている。

 慰安所の存在は宮古島では多くの住民に知られており、出入りする「慰安婦」は奇異というよりは同情の目をもって見られていた。13名の宮古島の証言者は、加害者側としての痛みと同時に、「アリランの歌」を教えてくれた彼女らへの親しみをも表明した。

碑建立に自分の土地を提供した証言者の思いは一段と深い。除幕式に出席した「元慰安婦」は、“鬼のような動物たち”の子孫がいると信じていた宮古島でかつての日本兵とは決定的に違う人たちに出会い、混乱さえしたと証言。彼我の証言を聞いた人たちの謙虚で優しくも厳しい決意は胸を打つ。

建立された2つの碑「アリランの碑」と「女たちへ」に刻まれた言葉にそれは凝縮されている。「女たちへ」の碑文は、アジア・太平洋戦争中、日本軍に性的暴力を受けた被害者たちの11の言葉だけではなく、ベトナム語まで加えた12語で刻まれている。15年後のベトナム戦争に参加した韓国軍の性暴力の事実をも加えたのである。

 時と場所を問わず、強者の暴力によって小さく弱くされた人たちの側に立ち抜こうとする人間の記録。それが本書である。(平良修・日本基督教団牧師)

スポンサーサイト



<< ソロモン諸島の飢餓問題、ブーゲンビル島の戦い、パラオと台湾との軍事的関係 | ホーム | 琉球の若者よ、奮起せよ! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP