FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ソロモン諸島の飢餓問題、ブーゲンビル島の戦い、パラオと台湾との軍事的関係

2005年6月、7月の太平洋諸島のニュースをお伝えします。



太平洋諸島は、「楽園」であり、何の問題もないと想像しがちですが、気候変動、島の近代化の影響で食料不足状態に陥っている島々もあるのです。


7/18 PIR
 ソロモン諸島のサンゴ礁島が深刻な食料不足状態におかれている。

ソロモン諸島のテモツ州にあるサンゴ礁島における食料不足が、国家的な問題となっており、さらに深刻化になるのを防ごうとの声が上がっている。

その島では2年間にわたり作物が不作であり、これほどの食糧危機になったのは歴史上はじめてであった。島民はサンタクルスからもたらされる限られた数の野菜、魚、ココナツによって生き延びている。子供や乳飲み子を抱える母親は栄養不足に陥り、何人かの高齢者は死亡した。

地球の温暖化にともない、海面が上昇したため、土壌の栄養分が失われ、風の方向も変化したため収穫時期が遅れるようになった。

また島でできるキャベツやパンの実が病害虫やカビによって被害を受け、それは他の作物にも急速に感染している。島の飢餓状態は、急速な島の人口増加によっても悪化している。緊急時に備えて食料を保存するための伝統的な知識が若い世代によって継承されていないことも、飢餓問題が深刻した原因になっている。


ブーゲンビル島はパプアニューギニアに属している島ですが、政治経済的に搾取されていたことから、90年代、武力独立闘争をしていました。現在は戦争は終了し、高度な自治権を有するようになりましたが、近年、パプアニューギニアからの分離独立を住民投票によって決めようという運動が活発になっています。




7/24 PIR
 ブーゲンビル島の独立運動のリーダーであったオナ氏が死亡した。

ブーゲンビル自治政府のカブイ大統領は、オナ氏の死によりブーゲンビル自治政府とオナ氏の影響下にある組織であるメカムイが平和と調和のための統合することができるのではと述べた。

1988年にブーゲンビル革命軍の最高司令官としてオナ氏はパプアニューギニアからの独立を求めた戦いを率いてきた。この独立運動により、同島のパングナ銅鉱山が閉鎖された。戦闘によりブーゲンビル人、パプアニューギニア軍の兵士数千人が死亡し、2001年のブーゲンビル和平合意の署名で戦闘は終結した。オナ氏は、和平過程に参加することを拒否し、住民に対し、自治政府による選挙に参加せず、自らを独立ブーゲンビル島のリーダーと見なすように求めていた。

しかし、オナ氏に従う住民は少なく、多くの住民が自治政府の選挙に参加した。


台湾とパラオは外交関係を結び、経済投資、援助を盛んに行っていますが、軍艦の寄港のように、軍事的なつながりもみられます。


6/14 PIR
 台湾の「親善」艦隊がパラオに寄港する。

台湾の「親善」艦隊は、530人の軍人が乗船したフリゲート艦一隻と補給艦一隻により構成される。

2003年にも台湾の艦隊はパラオを訪問した。艦隊がアフリカ、南アフリカ諸国を訪問して台湾に戻る前に訪れる最後の国がパラオである。

毎年、台湾政府は、「友好諸国」に対し艦隊を派遣して、相互の友好関係を強化している。同航海は、台湾海軍学校から卒業する幹部候補生が自らの技術を磨き、航海経験を積み重ねる機会になっている。パラオに上陸した幹部候補生は、朝日球場において行進やパフォーマンス等をしたあと、パラオ側と親善のソフトボール大会をする予定である。
スポンサーサイト



<< 皇室と太平洋諸島、ナウルと捕鯨、台湾の同盟国としてマーシャル諸島 | ホーム | 『戦場の宮古島と「慰安所」』のご紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP