FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

皇室と太平洋諸島、ナウルと捕鯨、台湾の同盟国としてマーシャル諸島

2005年5月、6月の太平洋諸島のニュースをお伝えします。
2005年6月、天皇皇后がサイパンを訪問したことについての報道です。日本の皇室は王政のトンガとも緊密な関係であり、昨年、トンガ国王の葬式があったとき皇太子が出席しました。



6/22 PIR
  サイパン在住の韓国系住民が天皇陛下からの謝罪を求めている。

サイパン韓国人連合会は、天皇皇后陛下は日本の侵略により被害を受けた韓国人や他の国民のために謝罪をし、韓国平和慰霊塔をも訪問すべきであると述べた。

同連合は、日本は学校教科書の中で真実を歪めるべきでなく、竹島の領有を主張すべきでないと語った。金同連合会会長は同会のメッセージをサイパンの領事館を通じて天皇陛下に手渡すよう求めた。金会長は、同連合は、戦時中サイパンで亡くなった日本人を追悼するために両陛下が訪問することに反対しているのではなく、問題は、サイパンで死亡したのは日本人だけでなく、多くのアジアの人々も犠牲になったということであると語った。

同団体は日本政府に対し、戦時中の行為に対する心からの謝罪を求めている。同団体は30年前に設立され、北マリアナ諸島全体で2005人の会員から構成されている。

6/29 PIR
 両陛下が韓国人慰霊碑を訪問した。

両陛下は予定を急遽変更して、韓国人慰霊碑を訪問した。第二次世界大戦で死亡した韓国人の慰霊碑を天皇が訪問するのはこれが最初であった。

韓国は1910年に日本の植民地になり、約1000人の韓国人が労働者としてサイパンに連れてこられた。両陛下の韓国人慰霊碑への訪問はサイパン在住の韓国人を喜ばせた。「日本と韓国との関係は近い将来、きっと良くなるだろう。」と述べる韓国人もいた。

両陛下はサイパンの戦争で亡くなった米兵5000人、住民1000人の慰霊碑をも訪れた。サイパンは太平洋戦争の天王山であり、日本兵と民間人合わせて5万5千人が死亡した。現在、サイパンは新婚旅行、ゴルフ等で日本人にとって人気の観光地であり、住民は両陛下の訪問を歓迎した。


捕鯨は日本の国策ですが、太平洋においては豪州、ニュージーランドが強く捕鯨に反対しています。ナウルは豪州による大きな政治的経済的支配が及んでいる国ですが、日本の捕鯨政策を支持したために豪州政府から非難を受けています。「捕鯨をめぐる政治」が太平洋上で展開されています。


6/28 PIR
 ナウルが漁獲量を維持するために捕鯨に賛成する票を投じた。

ナウルの国連大使は、マグロの漁獲量を維持するために捕鯨に賛成する票を投じたと述べた。豪州政府は、国際捕鯨委員会の会合において、日本の捕鯨擁護の姿勢に反対する投票をするように太平洋諸国に対しキャンペーンを行っていた。

豪州のキャンベル環境大臣は自分たちの主張を聞かなかったとしてナウルのスティーブン大臣を強く非難した。ナウルの国連大使は、外国政府はナウルの決定を尊重する義務があり、その主権を否定すべきではないと述べた。


2005年に台湾と外交関係を結ぶ太平洋島嶼国を陳総統が訪問し、マーシャル諸島を同盟国と発言しました。


5/3 PIR
 台湾総統がマーシャル諸島を「頼りになる同盟国」であると語った。

陳総統はマーシャル諸島議会における演説においてマーシャル諸島は台湾にとって「頼りになる同盟国」であり、ノート大統領のリーダーシップを称えた。

また、陳総統は中国が台湾を侵略できることを法的に認めた「反国家分裂法」の成立を国際世論の反対意見を無視するものだとして中国を非難した。

陳総統は「ノート大統領は中国の動きに対抗して、台湾を支持する書簡を陳総統に送付した、最初の国家代表であり、自分はそれに大変感動し、一生忘れない。」と述べた。
スポンサーサイト



<< 乱開発から島を守る | ホーム | ソロモン諸島の飢餓問題、ブーゲンビル島の戦い、パラオと台湾との軍事的関係 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP