FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美大島の自然破壊

1月25日の南海日日新聞で奄美大島の環境破壊についての記事が掲載されていましたので、お伝えします。
他の琉球の島々でも環境破壊が進んでおり、島の土地や海を守る自治が強く求められています。



奄美大島の自然への住民の関心は高く、多くの人が「良い自然がある」「固有種や絶滅危惧(きぐ)種を保護すべき」と考えている一方、「島の自然は悪くなっている」と認識。

「ペットの放置と野生化」も自然に対する脅威と捉えている―。世界自然保護基金(WWF)ジャパンの南西諸島生物多様性評価プロジェクトの一環であった住民意識調査で、こんな結果が出た。自然と暮らしを良くする手立てとして「保全と開発の区分」や「自然をブランド活用した観光」などを求めている。

 同プロジェクトは南西諸島の生物多様性保全と持続的な利用促進へ向け、2009年9月までの3年間実施。地域の自然資源の利用と保全についての現状と将来像に関する住民の考えを探ろうと商工関係者を中心にアンケート調査を行った。464人が回答した。

 それによると、88・4%が島の自然に「関心がある」と答え、78・5%が「良い自然がある」と認識。固有種や絶滅危危惧種の保護については6割以上が「是非とも必要」と答え、「できる範囲ですればよい」は3割程度にとどまり、「保護の必要はない」はゼロに近かった。

 島の自然に対する脅威では「オニヒトデ」と「赤土流出」が35%前後で多く、次いで「ペットの放置、野生化」(27・7%)を問題視し、「ゴミ」や「外来生物の増加」「大規模開発」も上位に挙げられた。「自然が悪くなっている」と感じている人は回答者の6割以上に上った。

 自然への影響については仕事、生活のいずれでも「保全するところと利用するところは区別すべき」の回答者が5割近くで最多。自然保護への取り組みは仕事、生活の両面で「節電・節水」「清掃活動」の順で多かった。

 自然と暮らしを良くするために必要なのは「自然を保全するところと開発するところを区別する」が40・4%でトップ。「特徴的な自然をブランドとして観光に生かす」(39・3%)、「子どもたちへの教育を強化する」(33・5%)、「自然を再生する作業」(33・0%)が続いた。

自然環境保全で改善が必要な業種としては「土木・建築業」(60・0%)をトップに、「農業・林業」(44・1%)「鉱業」33・3%)が上位を占めた。

 同プロジェクトの報告書も、奄美の貴重な動植物と生物の多様性を脅かしている要因に森林伐採などの開発や外来種移入を挙げ、環境保全ではペットの適正飼養を含めた総合的対策が必要と指摘している。
スポンサーサイト



<< 徳之島への米軍基地移設計画は正義なのか | ホーム | 龍谷大学民際学研究会のお知らせ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP