FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フィジーと台湾との関係、フィジーが日本の国連常任理事国入りを支援、フィジーにおける離島交通問題

2005年5月の太平洋諸島のニュースをお伝えします。

以前、フィジーに調査に行った際、台湾政府の代表部を訪問し、インタビューをしたことがあります。フィジーと台湾は外交関係をもっていませんが、様々な支援活動を展開しており、たとえば、台湾政府主催のフィジー全国ラグビー大会が開かれていました。それも見に行ったのですが、様々な形で関係を深めようとしています。



5/5 PIR
 台湾の陳総統がフィジーに臨時訪問をしたことに対し中国が抗議した。

台湾の陳総統がフィジーのナンディで短時間滞在したことを原因として、フィジー政府は中国政府と外交上の口論で火花を散らしている。

米国を除いて、陳総統は、台湾が外交関係を有していない国に足を踏み入れたのはフィジーがはじめてであった。駐フィジーの中国大使は、会談は非公式であるといえども、ガラセ・フィジー首相と陳総統が会談したことに対し激しく抗議した。

またフィジーの大首長評議会の議長も陳総統の到着を出迎え、伝統的な方式で歓迎した。さらにフィジー議会の議員、最高裁長官、他の判事も陳総統と会った。陳総統は、ツバル、キリバス、マーシャル諸島という台湾の同盟国を訪問している途中、トランジットでフィジーに訪問した。

台湾はフィジー産の砂糖の買い取りに関心を持っており、フィジー側との会談もその件が話題になった。フィジーは「一つの中国」政策を支持しており、中国のみと外交関係を有している。他方、台湾はフィジーの首都スバに「貿易使節団」を常駐させている。



太平洋諸国の中には日本の常任理事国入りを支援する島嶼国も少なくなく、日本が太平洋諸島を重視する一つの理由になっています。



5/5 PIR
 フィジーが日本とインドの国連連常理事国入りを支援している。

国連の会合において、フィジー政府関係者は、国連改革は国連だけでなく世界にとって非常に重要であり、安全保障理事会の常任理事国には今日の世界において実力を有した国がなるべきであると述べた。フィジー政府は、ブラジル、南アフリカとともに日本とインドが常任理事国になるべきであると考えている。


琉球、日本の離島と同じように、フィジーでも離島への交通コスト問題は深刻です。しかし、伝統的カヌーが今でもフィジーの離島では利用されており、カネはいらず、小回りが利くカヌーが島社会では合理的な交通手段になっています。


5/13 PIR
 フィジーのフェリー会社が離島のラウ諸島への航行を取り止めている。

フィジーのフェリー会社は採算がとれないとの理由で、同国東南部にあるラウ諸島への航行を拒否している。ラウ諸島のルブ首長は、これにより、ラウ諸島の人々は海運問題を今後も抱え続け、島々の発展が阻害されるだろうと述べた。

ラウ諸島は広大な海に散在しており、フェリーが各島に寄港することで膨大な経費が必要になる。各島への海運収入と比べて、燃料費が高い。離島への海運がなくなることで、住民が適切な教育や医療を受けることができなくなる。この問題に対し2つの解決策が提示されている。

1つ目は、小船で小規模な離島から乗客を中規模な島の港に集める方法である。2つ目は、ラウ諸島の全て島に防波堤を建設して、直接、これらの島々にフェリーが航行するという方法である。
スポンサーサイト



<< ナウルと台湾が外交関係締結、グアムと日本航空、琉球慰霊団とサイパン | ホーム | 米軍基地によって地域は発展するのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP