FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ナウルと台湾が外交関係締結、グアムと日本航空、琉球慰霊団とサイパン

昨日は、民際学研究会で大変充実した研究会をしました。中村先生が反近代主義、反国民国家の視点から民際学について述べ、その発表を踏まえて、参加者15人が民際学の教科書を作る際に、自分が貢献できることを発表しあいました。様々な民際学がありうること、生活者の生きざまから民際学を位置づけ、その意味を社会に問えるという可能性が見えてきたように思いました。

昨日から雪が降っています。私の住む、大津市和邇ではいま、一面、白い雪です。30センチくらいは積もっています。琉球ではみることができない景色です。

2005年5月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。ナウルという、一時期、太平洋諸島の中でも大変、経済的に裕福な島が、現在は経済的苦境にあり、中国から台湾へと外交関係締結を切り替えることで、経済支援を増やそうとしています。


5/15 PIR
 ナウルが台湾と外交関係を締結した。

ナウルは中国と断交し、台湾と外交関係を締結した。ナウルは中国と台湾との間で外交的綱渡りをしており、3年前に中国と外交関係を結んだばかりであった。

ナウルが台湾と外交関係を結んだことにより、台湾は世界で26カ国の国々と外交関係を有することになった。その大半はラテンアメリカ、アフリカ、太平洋の小さく、発展途上の国々である。中国と台湾は、外交関係を結ぶためにソフトローンや他の経済的支援策を実施するという、「ドル外交」を展開していると互いに批判している。


日本航空が倒産しましたら、2005年から日航の経済的苦境がみられ、路線撤退がドル箱であるグアムから撤退をはじめています。


5/27 PIR
 グアムは日本航空の撤退におびえている。

グアム観光客は、もし日本航空が毎日就航している名古屋・グアム路線を廃止したなら、年間2200万米ドルの収入と、44000人の観光客数が失われるとの見通しを発表した。日本航空の路線廃止という報道に対し、サイパンとグアムは異なる対応をとった。

サイパンのマリアナ観光局は、北マリアナ諸島政府に対し、政府代表団を東京の日本航空本社に派遣し、北マリアナ諸島の窮状を訴えるよう求めた。グアム観光局は、撤退によって生じた損失をどのように他の航空会社によって埋め合わせるかについて、グアム国際空港局関係者、知事と協議している。

ペレス次期グアム観光局局長は「日本航空の撤退は自社の財務状況を精査した上で決定したのであるから、その決定を覆すのは容易ではなく、観光局は航空会社が納得するような観光需要を生み出すことに集中すべきである。」と述べた。

報道によれば、日本航空によって設定されている価格よりも安く航空券が販売されており、パッケージツアーの航空路線では利益を上げることができないために、サイパン、グアム路線を廃止することになったとされている。


琉球からの慰霊団活動で中心的な役割を果たしていた宜野座朝憲さんが亡くなり、会の高齢化ととも、慰霊団活動の今後が危惧されています。これまでの慰霊団活動を踏まえて、今後は、島嶼同士のネットワークを琉球、太平洋諸島が形成すべきだと思います。



5/31 PIR
 沖縄の遺族たちがサイパンで慰霊祭を挙行する。

沖縄や東京から少なくとも300人の遺族たちが第二次世界大戦で死亡した兵士、民間人に対する慰霊祭を行うためにサイパンに到着した。

慰霊祭を行う団体は、沖縄南洋群島帰還者会、全国南洋会である。慰霊団は5日間滞在するが、その間、戦前、一緒に学校で学んだ島の旧友達と交流する予定である。全国南洋会に属する多くの会員が死亡したため、今回は最後のサイパン訪問となろう。

沖縄平和塔において第36回サイパン沖縄平和記念式典が開催される。その後、交流会が開かれるが、そこで、文化交流事業として沖縄に招待される、サイパンの5人の学生の名前が発表される。サイパンのあと、テニアン、ロタの各島でもそれぞれ慰霊祭が行われる。
スポンサーサイト



<< 立命館大学講演「米軍基地とグアム」に対する感想・質問・回答 1 | ホーム | フィジーと台湾との関係、フィジーが日本の国連常任理事国入りを支援、フィジーにおける離島交通問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP