FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

立命館大学講演「米軍基地とグアム」に対する感想・質問・回答 1

先月、立命館大学で小生が行った「米軍基地とグアム」という講演に対する感想、意見を学生さんが取りまとめてくれましたので、学生さんのご了解をえて、公表したいと思います。講演の後援団体の、WILPF Kyotoのホームページにも講演会の要旨と一緒に感想、質問、回答がアップされています。




感想
☆講演会の印象
「大変興味深かった」と答えた人の感想
・元々米軍再編に興味があった(2名)
・それまで知らなかった事が知れた (5名)

・沖縄と比較して説明されており、知らなかった事が知れた
・現地に住んだことがある方の話だったのでリアリティがあった
・グアムと沖縄の共通点
・普段は基地について深く考える機会がないので、見聞が広がった

「興味があった」と答えた人の感想
・米軍について興味があった
・歴史について知らなかった事を深く学ぶことができた
・実体験を交えた話には説得力があった

・勉強になった。
・琉球出身の方の話が聞けて貴重な機会だった
・グアムの原住民のみなさんについて知れた

・観光地としてではないグアムの歴史を知ることができた
・グアムが歴史的に日本と関係がある事を知らなかったから勉強になった
・グアムについて知らない点が多かった

・細かい話が聞けた
・沖縄の基地問題を考える上でも常にグアムに住んでいる人々を念頭
に置かなければいけないという認識がこれまでなかったから

・沖縄との共通点を指摘し、照らし合わせた点
・現地の方が話されたので説得力があった
・グアムの基地問題なんて考えた事がなかったから

「普通」と答えた人の感想
・レジュメにそって進めて下さったのが分りやすかった。
・テーマは興味深いがレジュメを読んでいるだけだった。


☆講演会を聞いてグアムへの印象の変化
「大変変わった」と答えた人の感想
・ただのリゾート地と思っていた(2名)
・沖縄と同じような立場にあることを初めて知った

・それまでグアムの事についてほとんど知らなかった
・グアムが沖縄以上に米軍基地問題について深刻だという事を知った
・人気の観光地という印象が大変強かったのに、そんな背景があり驚いたし、
見方が変わった

・日本人が過去に行った支配を知って、日本人の一人として責任を感じた
・グアムの基地問題により関心を持つようになった
・グアムへの米軍基地移設に関して

・現地に住む人々の状況が、初めて具体的になり、彼らの存在を同じ日本人と変わらぬほど身近なものとして捉えることができるようになった
・まず何も知らなかったし、考えた事もなっかったので恥ずかしかった
社会科教員を目指しているので、世界のことも知らないといけないと思った

・グアムを日本が占領していること、観光産業を日本が独占していること等、
初めて知った事が多かった
・軍事面
・日本の占領について知らなかった

・単なる観光地というイメージがなくなった
・以前は「グアム=リゾート地」というイメージだったが、複雑な歴史を
抱えてくる事を知り、印象が変わった

「変わった」と答えた人の感想
・沖縄との共通点をしって
・基地はどこにあってもイヤなもので、日本ではグアムで基地を拡張
しろといっている人もそれがどれだけ矛盾したことしているか知った

・グアムは米軍基地に対して好意的なのだと思った
・楽しいリゾート地ながら暗い過去を持っていた点
・米軍がグアムを管理していること、日本がグアムをかつて支配して
いた事は知らなかった

・日本では"グアム=観光地"のイメージがあるが、日本は基地強化
に税金を投じているので、日本人としてもっと考えないといけないと感じた
・リゾート地のイメージしかなかった

・複雑な歴史がある。アメリカ人でありながらアメリカ人でない
・観光地と基地の関係など、グアムの新しい側面を知ることができた
・基地の存在が地元に与える影響を知った

・グアム・沖縄の観光イメージが強いほど、基地に適した場所であるという
のが意外だった
・今まで観光地としか思っていなかった
・グアムも米軍基地問題に悩まされていると知らなかった

・グアムと沖縄がたくさんの共通点を持っている事を初めて知った
・観光というイメージしかもっていなかったが、政治的な歴史と現状に
関心をもった

・リゾート地→
・「旅行地・リゾート」から「人の住む島」に変わった
・リゾートのイメージにアーミーなイメージが加わった
・単なる観光地というイメージだけではなくなった

「変わらない」と答えた人の感想
・沖縄と同じ様な現状があること
・初めてグアムに行った時、ただならない雰囲気に息をのんだ
たくさんの疑問が穴うめされるように解決されていった感じがする

・講演前からグアムをリゾートの島とは思っていない
スポンサーサイト



<< 立命館大学講演「米軍基地とグアム」に対する感想・質問・回答 2 | ホーム | ナウルと台湾が外交関係締結、グアムと日本航空、琉球慰霊団とサイパン >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP