FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

立命館大学講演「米軍基地とグアム」に対する感想・質問・回答 3


☆ 講演会全体を通しての感想・意見
※講演内容について
・知らないことが分かったのでとても有意義でした。

・非常に興味深かったです。
・なかなかよかったです。
・写真を見せて頂けたのが勉強になりました。

・先生の話が偏った視点から見ているように感じた。確かに要求は分かるが本当の意味で解決を考えるのならば相対的な考えが必要ではと思う
・講演者の個々のアイデンティティに依拠した話と言える。人間の安全保障に重きを置くのならば、国家のそれに代替するアプローチ方法を示す必要がある。

・大変興味深かったです。今まで日米安保の面からしか基地について考えていなかったことを反省しました。
・資料も充実していてとてもよかったです。
・先生の力強い講義に釘付けでした。

・内容的にも、講師の熱心さもとても素晴らしかったと思う。
・基地の費用を強調していたが、政策の是非は費用と便益を比較しなければならないはず。もし政策も変更を提案しているのならこの議論は不完全でフェアではないと思った。…政策的過ぎたらごめんなさい。
・具体的な代替案(例えば基地を軸とした産業に変わりうるものなど)を知りたかったです。

※グアム関連
・グアムのイメージががらっと変わった。

・グアムに対する見方が変わりました。
・リゾート地としてのグアムしか知らない日本人(自分も含めて)は、もっとグアムの現状を知るべきだし、日本のメディアももっと注目すべきであると思いました。

・グアムが観光地であるということが、チャモロ人への賠償をうやむやにされていると感じました。日本へ請求をしたいが、日本人は同時に観光経済を支えている…という状況が皮肉で、チャモロ人を苦しめているように思います。

・旅行でグアムに行ったことはあったのですが、米軍基地の現状やチャモロについてはしらなかったので今回知ることができてよかったです。

・グアムが沖縄に関係している理由が、とてもよく分かりました。基地がグアムに移った後のグアムの人や環境への影響を考えるととても心配になりました。私たちはもっとこれらの問題について関心を持つべきだと思いました。
・観光客のほとんどが日本人であり、そのために問題解決が難しくなっているということが興味深かったです。

・グアムと沖縄に多くの共通点があって驚いた。
・米軍基地の問題についてはある程度関心があったので内容は面白かった。また、チャモロ人など新たな知識を得ることが出来てよかった。

・今まで自分は沖縄からグアムへ米軍基地を全て移設すれば良いと思っていた。しかしグアムにはグアムの人々の暮らしがあり、考えさせられた。

※ 学びとして
・学んでいることとクロスさせて考えられたのがよかった。
・日本も深く関わっているので、目を向けねばならない問題の一つだと思いました。

・良いトピックの講演会だったと思う。今後の学習に活かせると思う。
・良いテーマを提供して良かった。関心を持っている人が学校にいることを知った。

・勉強になりました。
・リゾート地として有名なグアムですが、歴史を見ると、様々なことを考えさせられました。また現在の米軍基地問題の事実も知らなかったので教養になりました。
・米軍基地は少し遠い存在に感じていたが日本とリンクさせている事からもう少し学びたいと思った。

・人事だと思っていたことは間違いだと気づいた。自分にも出来ることをやりたいと思った。
・沖縄の基地のことさえ、ニュースで見たときくらいしか意識していませんでしたが、今日のお話を聞いて、基地問題がいかに平和を遠ざけているかということを考えさせられました。

※その他
・戦争を推進する政府に怒りを覚えた。
・普天間見に行ってきます

・面白い内容であったのに時間が短いという制約があったのが残念でした。どうせならもっと長く話して欲しい。
スポンサーサイト



<< 立命館大学講演「米軍基地とグアム」に対する感想・質問・回答 4 | ホーム | 立命館大学講演「米軍基地とグアム」に対する感想・質問・回答 2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP