FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

立命館大学講演「米軍基地とグアム」に対する感想・質問・回答 5

・グアム・沖縄米軍基地撤廃の際、軍事力確保・維持の意味において代替案はあるのでしょうか


先にも書きましたように、グアム、沖縄が戦略的に重要な場所にあると軍事戦略家は考えています。このような所に基地を置くと、戦争の発火点、戦場になり、住民が戦争に巻き込まれる可能性が非常に高くなります。

よって基地を撤廃した後、軍事力確保、維持する必要もないと考えます。私は軍事戦略家ではなく、島の人間です。島の人間が今後も生き残るための最善の方法を最優先に考えるべきであると思っています。

これは当事者性の問題でして、自分はどういう立場でものを考えるのかが問われているのだと思います。日本人は日本本土を守るために、再び琉球を犠牲にしてもかまわないと考えるのか。

それとも同じ国の同朋として、琉球人が島で平和で楽しく暮らす環境をつくりだすことを望むのかが日本人に問われて
います。



・グアムの軍事的価値を具体的に教えて下さい


私が米国の軍事戦略家になったつもりで考えてみましょう。1.日本、中国、北朝鮮、韓国、台湾、東南アジアから距離的に近く、有事の際、即急な対応ができる。

2.グアムの住民は民主主義的な権利が制限されているため、米軍が必要と考える基地の拡大、機能強化を実施しやすい。3.観光地であるため、軍人がリフレッシュし、次の戦争に備えることができる。

ほかにも考えらますが、このような軍事的価値がいかにあっても、島には人間が住んでおり、軍事的価値また、それにともなう経済的価値だけで、島の価値、島民の命の価値を決めるべきではないでしょう。

琉球には「命(ぬち)どぅ宝」という言葉があります。沖縄戦、基地被害の経験を受けて、住民が確信をもって主張している言葉です。一人一人の命命こそが何よりも大切であるという意味です。


・沖縄・グアムの基地がなくなる場合の産業構造はどうなるのでしょうか



沖縄県の場合は基地経済が複雑です。日本政府によって米軍基地と振興開発とがリンケージされているので、まず、基地と振興開発を分離すべきです。

現在まで投下されてきた基地関連の補助金が減少し、地代収入、軍雇用、基地関連の消費等はなくなりますが、その分、基地跡地利用を持続可能な形で再利用すれば、再び経済活動が活発になって基地が存在していたときよりも、より大きな経済効果を生むことは可能であると思います。実際、そのような基地跡地は琉球にいくつかあります。

なによりも重要なことは、基地経済は政府からの補助金がないと維持できない経済であり、持続可能な経済ではありません。基地に依存すると、島の経済は基地と密接に結びつき、住民は基地に反対する意志を抑制するようになります。
スポンサーサイト



<< 立命館大学講演「米軍基地とグアム」に対する感想・質問・回答 6 | ホーム | 立命館大学講演「米軍基地とグアム」に対する感想・質問・回答 4 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP