FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

立命館大学講演「米軍基地とグアム」に対する感想・質問・回答 6

今日から、2泊鳥羽の答志島、菅島に龍谷大学の民際学研究会でフィールドワークに行ってまいります。コーディネーターとしてマーシャル諸島の竹峰さんに大変お世話になりました。

学生さんたちからのご質問に対する回答の続きです。




・米軍を一つの産業として残した方が良いという考えを持っている人もいるようだが、そのことについてはどう思われていますか


基地によって直接的、間接的に利益を得ている人はそう思うかもしれませんが、基地から利益を得ず、しかも基地被害を受けている人が多くおります。

基地によって生活をしている人でも、その技能、職能を他の産業でも活かせますし、基地がないと生きていけないというわけではありません。基地経済は日本・米国政府の政策によって形成された面がつよいのです。基地を琉球に置くためにという別の目的で意図的に基地経済がつくられてきました。

基地がなくなった場合に具体的にどのような経済的な影響が発生するのかを考えた上で、基地跡地利用、軍雇用員の他産業での再雇用等を進めるべきです。

これまで、琉球では基地の返還、その跡地利用が進められてきました。特に私が参考になると思うのは、読谷村の事例です。関心がありましたら、調べてみてください。



・現在のチャモロ人は日本人に対してどのような感情をもっているのでしょうか


島を軍事統治し、自分たちの家族を殺し、被害に合わせても、謝罪も、賠償も未だに行わないとして怒っている人も多くいると思います。

ただ、グアムの観光業は日本企業、日本人観光客に依存しているため、自らの怒りを言い続けると、経済的に悪影響がでるのではないかとして、怒りを面に出せないという、アンビバレントな状況におかれている人が多いような気がします。

琉球人も日本人に対して同じような感情を持っている人が多いと思います。チャモロ人と仲良くなって、心を開いて話せる関係になったら、チャモロ人の友達が心の内側を話してくれるかもしれません。



・沖縄に基地をおいているのは外見は日本としているが実はアメリカは自国領という意識なのではないでしょうか


基地の中は治外法権の世界です。日本の法体系が適用されません。沖縄国際大学に米軍のヘリコプターが墜落した時にも、日本領である大学敷地に、日本の警察は立ち入れませんでした。

基地の中だけでなく、事故の際でも日本領から米国領になるのが琉球の島の現状です。それは日本本土にある米軍基地でも同じです。琉球だけではなく、日本全体を米国は自国領と考えているのではないでしょうか。

このような米国に対して日本政府は従属してきたのです。米軍に非常に甘い日米地位協定を日本政府は変えようともしません。日本国民である琉球人よりも、米国を優先しているのです。


・国防は公共財である。グアムの反発はその種のフリーライドなだけではないでしょうか?


国防が公共財というときの、「公共」とは何でしょうか。グアムや琉球の島々に住む人々を除いた公共ですか。多数派が「平和」に生活するために、少数派を犠牲にしてもかまわないという論理が「国防は公共財」という言葉に含まれているように思います。

「国防」とは何ですか。これまで「国防」の名のもとに、グアムや琉球の島や人間が犠牲になってきました。島や人は国の中にあるにもかかわらず、それらを外敵から防ぐことができませんでした。

グアムの反発は、基地によって自分の命や文化的基盤が奪われるという、人間の自衛本能です。グアムや琉球の人がなぜ反発するのかを、当事者の気持ちになって考えてください。

自分が嘉手納基地の戦闘機の爆音の傍で生活し、殺人、レイプの被害にあうおそれを抱きながら毎日を過ごしていることを当事者の立場にたって想像してみてください。

スポンサーサイト



<< 立命館大学講演「米軍基地とグアム」に対する感想・質問・回答 7 | ホーム | 立命館大学講演「米軍基地とグアム」に対する感想・質問・回答 5 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP