FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

立命館大学講演「米軍基地とグアム」に対する感想・質問・回答 7

昨日夜、鳥羽から戻りました。初めての島にも行き、島の活気ある祭を見たり、島人と語らい、島の問題を考えました。多くの方にお世話になりました。感謝します。

立命館大学の学生さんからの質問に対する回答の最終回です。




・現在の基地配分に問題があるとすると、基地はどこにおけばよいのでしょうか


基地配分に問題があるといっているのは、米国政府の軍事戦略家です。かれらのこれまでの軍事戦略は失敗続きです。そのような人が言っていることを信じてはいけません。

基地はどこに置く必要もありません。もしも日本人がそれを置きたいのなら、日本本土のどこかに置いてください。それを選択するのは日本人自身です。



その他
・私の講演について「偏った見解」であり、双方の立場を紹介してほしいとのご意見も頂戴しました。

講演会は、私という人間と皆さんとの人間としての出会いの場であると思います。基地に賛成している人、政府見解、軍人の意見、研究者の見解も知っていますが、それと、それに反対する考えを並列的に説明し、分析し、結論を出すということは、私も研究論文ではやります。

しかし、このような限られた時間で、人間と人間との直接的な出会いの場所では、私という人間が考えていることを主張して、皆さんと意見を交換したかったので、このような講演内容になりました。

私の見解が偏っていると感じたのでしたら、それとは違う見解をご自身で調べて、自分は、どのような考えをもつのかを自分で生み出してください。

誰かが言っていることを、そのまま信じるのではなく、あなたにはあなた自身の主張があって当然です。私には私自身の人生があり、その中で考えたことが講演の内容です。

人には様々な生き方がありますから、多様な意見もその分だけうまれるのだと思います。私の講演会を踏み台にして、ご自分の意見をつくり出して下さい。


・「基地の費用を強調していたが、政策の是非は費用と便益を比較しなければならないはず。もし政策も変更を提案しているのならこの議論は不完全でフェアではないと思った。」というご意見も頂戴しました。


基地の費用と便益を総合的に考えて政策の形成、変更をおこなうべきとのご意見はもっともなことだと思います。ただ、「基地の便益」はだれにとっての便益かを考える必要があります。

日本本土在住者、日米政府、日米両軍にとっての便益がはるかに多いように思います。基地経済、基地とリンクした振興開発は琉球人にとって便益にみえますが、私は便益ではないと思います。

このようにどのような立場で費用、便益を考えるかによって、その内容も変わってきます。日本政府の内閣府沖縄担当部局が琉球に関する政策をつくってきましたが、経済自立、格差是正いずれをみても政策は失敗に終わっています。

しかし基地を存続させているという意味では、政策は成功しているといえるかもしれません。だれが政策をつくるかによって、その内容、評価、方向性が大きく変わってきます。

私は、島嶼民による、島嶼民のための、島嶼民の経済学をつくるべきであると考えています。この経済学のなかには政策も含まれています。このことについては、『琉球の「自治」』という本の中で詳しく述べさせてもらいました。
 
この講演会を機会にグアム、琉球の政策に関心をもちましたら、是非、研究調査をしてください。
スポンサーサイト



<< 国際開発学会公開研究会のお知らせ(沖縄島、東京) | ホーム | 立命館大学講演「米軍基地とグアム」に対する感想・質問・回答 6 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP