FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国際開発学会公開研究会のお知らせ(沖縄島、東京)

国際開発学会「島嶼社会の振興開発と内発的発展」研究部会開催のお知らせ

以下の日程、場所にて国際開発学会「島嶼社会の振興開発と内発的発展」研究部会による第1回、第2回の研究会を開催いたします。ご自由にご参加し、議論に加わってください。



第一回「島嶼社会の振興開発と内発的発展」研究部会

日時:2月26日(金)13時~18時
会場:沖縄大学3号館402会議室

沖縄大学地域研究所と国際開発学会「島嶼社会の振興開発と内発的発展」研究部会との共催

論題・発表者
1.「周辺における内発的発展―沖縄と東南アジア(タイ)」
鈴木規之(琉球大学)

2.「在沖米軍人等の施設・区域外居住に関する一考察」
友知政樹(沖縄国際大学)

3.「観光先進地・座間味村のジレンマ―ゴミ問題・水不足・共同体変容」
与那嶺功(沖縄タイムス社)

4.「奄美群島におけるNew IO Turn促進による地域活性化の可能性」
東江日出郎(南西地域産業活性化センター)

5.「グアムにおける米軍基地機能強化と島嶼社会経済との関連について」
松島泰勝(龍谷大学)

司会:松島泰勝

問い合わせ:松島泰勝(matusima345@yahoo.co.jp)




第二回「島嶼社会の振興開発と内発的発展」研究部会

日時:3月1日13時から18時まで
会場:明治学院大学白金台校舎本館9階92会議室

国際開発学会「島嶼社会の振興開発と内発的発展」研究部会、明治学院大学国際平和研究所共催

論題・発表者
1.「軍事基地跡地利用開発の検証―沖縄の持続可能な発展へ向けて」
真喜屋美樹(早稲田大学大学院博士課程)

2.「琉球弧における内発的発展」
松島泰勝(龍谷大学)

3.「焼畑から常畑へ:ソロモン諸島における有機農法普及プロジェクトの社会文化的妥当性」
関根久雄(筑波大学)

4.「南太平洋における中国・台湾の存在」
三田剛史(早稲田大学現代政治経済研究所) 

司会:松島泰勝

問い合わせ:松島泰勝(matusima345@yahoo.co.jp)
スポンサーサイト



<< ナウルが台湾との外交関係締結、ブーゲンビル島の自治に関する住民投票、米国がグアムにおける軍事費支出を倍増 | ホーム | 立命館大学講演「米軍基地とグアム」に対する感想・質問・回答 7 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP