FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ナウルが台湾との外交関係締結、ブーゲンビル島の自治に関する住民投票、米国がグアムにおける軍事費支出を倍増

2005年5月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

太平洋島嶼国の中には、中国と台湾との外交関係締結を切り替えることによって、援助、投資を促そうとする動きがみられます。中国と台湾の札束外交によって島嶼国が翻弄されているともいえます。



ナウルは中国と断交し、台湾と外交関係を締結した。ナウルは中国と台湾との間で外交的綱渡りをしており、3年前に中国と外交関係を結んだばかりであった。

ナウルが台湾と外交関係を結んだことにより、台湾は世界で26カ国の国々と外交関係を有することになった。その大半はラテンアメリカ、アフリカ、太平洋の小さく、発展途上の国々である。

中国と台湾は、外交関係を結ぶためにソフトローンや他の経済的支援策を実施するという、「ドル外交」を展開していると互いに批判している



現在、ブーゲンビル州は高度な自治権を獲得しており、島内には独立のための住民投票を求める流れもみられます。同州は中央政府に対して戦争を行い、中央政府に対する発言権を獲得してきました。


パプアニューギニアのブーゲンビル州における自治政府に関する住民投票が始まった。投票は全島において2週間以上に渡って実施される。

島中に投票箱が設置されているが、島のある地域、特に南部地区では、道路にブロックが置かれるなどの問題が発生している。

新しいブーゲンビル議会の40議席に対して250人が立候補している。他の候補者と比較して得票数の多い者が順次当選者となる形で当選者が決まる。



このころはグアムへの海兵隊の移設計画にともなう、財政支出の増大にともない、投資資金が増えて、不動産価格も大幅に上昇しました。今は、鳩山政権の普天間基地移設問題の不透明化により、不動産投資も減少しています。島外の政治状況にグアムの経済状況が大きく左右されやすいという問題があります。


米下院により採択された2006年度の軍事費予算案によれば、グアムの軍事費予算は例年に比べ倍増することが明らかになった。

海軍家族用の住宅建設費として4349万米ドル、アプラ軍港の改修費として5540万米ドルの支出が予定されている。ボダリオ米下院グアム代表は「軍事投資により、グアムは米国防衛の中で重要な役割を果たすことができよう。軍事施設の建設で、企業の受注や雇用が増え、グアム経済が潤うであろう。」と述べた。
スポンサーサイト



<< 徳之島への普天間基地移設問題 | ホーム | 国際開発学会公開研究会のお知らせ(沖縄島、東京) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP