FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

徳之島への普天間基地移設問題

2月3日の南海日日新聞において徳之島への普天間基地移設問題の記事が掲載されていましたので、お伝えします。
基地移設をめぐり、反対運動があるとともに、地域活性化を期待した動きもあります。本当に基地が地域振興につながるのか、基地が存在することでどのような社会生活になるかについて、住民の間で議論する必要があるように思います。




米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設候補地の一つに徳之島が浮上して波紋が広がる中、徳之島の自然と平和を考える会(椛山幸栄会長)は2日、3町長に対して移設に反対する要望書をそれぞれ提出した。
 
椛山会長ら5人が3町役場を訪問。3町長らと面談し、要望書を手渡した。徳之島町を訪れた椛山会長は「支配の歴史を繰り返してはならない。町長が先頭に立って反対してほしい」と訴えた。

高岡秀規町長は「移設には反対。米軍基地縮小が本筋。しかし、議論は必要。これまで避けてきた地域振興について論議する機会だと思う」などと述べた。

 一方で、移設問題に反対以外の立場で動く「基地問題を考える会」(森五十次世話人)も活動を開始している。森世話人は「3町長の拙速な反対表明は不可解。まず国の説明を聞くべき」と語る。

現在、3町で各10人ずつの有志を目標に組織作り中。勉強会などを経た後、3町長に要望書を提出する予定という。


徳之島が沖縄県の米軍普天間飛行場の移設先候補地として浮上した問題で、奄美群島内の労働組合などでつくる「奄美の自然と平和を守る郡民会議」(當島勝文議長)は2日、徳之島3町の各町長あてに同郡民会議の移設反対表明と移設反対を強く表明するよう要請する文書を送った。

 文書では各町長が「反対」の意思を表明したことに敬意を表するとともに、今後もその立場を堅持し、「鳩山内閣に徳之島への普天間飛行場代替施設建設は絶対反対であることを強く表明すること」を求めている。

 同郡民会議の當島議長ら3氏は同日、大島支庁記者クラブで記者会見し、「3町長の意思に賛同と激励の意を表したい。われわれも『奄美に基地は要らない、軍隊は要らない』との思いで行動していく」などと語った。

 今後は「徳之島の自然と平和を考える会」と連携を密にし、28日に同島で行われる総決起集会への参加も予定しているという。
スポンサーサイト



<< 台湾と「沖縄ブーム」 | ホーム | ナウルが台湾との外交関係締結、ブーゲンビル島の自治に関する住民投票、米国がグアムにおける軍事費支出を倍増 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP