FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

海兵隊のグアム移転と沖縄経済を考える(下)

〝沖縄は日本政府からの多額のヒモ付き経済振興に頼る生活感を根本から見直し、自立的、そして自然をはぐくみ身の丈にあった生き方、価値観の確立が今求められている〟


 沖縄は外部からいろいろな名目の補助金、沖縄振興、軍用地料などに頼り、自立した生き方を見失い、その結果、基地被害、自然破壊を招いてしまっているのではないか。松島さんは例をいくつか挙げ問題点を指摘されました

 〝米軍統治化の1950年代、沖縄全土で吹き荒れた米軍による土地略奪に抗したいわゆる「島ぐるみ闘争」がある。

しかし盛り上がったこの基地反対闘争は米軍の土地代引き上げの懐柔策にまんまとのってしまったことでしぼんでしまったという苦い経験がある。

(次の事例として日本復帰後)日本政府は沖縄振興事業の名の下に多額の金を沖縄に注ぎ込み、その金で道路建設、大掛かりな橋の建設、そして土地改良が行われ、その結果、沖縄にとって貴重な観光資源である自然が破壊され(山原の自然の破壊で貴重種の動植物の絶滅の危機、赤土流失によるサンゴの壊滅的な打撃など)沖縄の良さが失われかけているという深刻な事態を招いてしまっている。

最近では名護市に基地建設の見返りとして多額の補助金が落とされ、箱物が次々と建設され、その結果次のような深刻な事態を招いている。

建設された箱物を維持するには多額の金が毎年かかる。この維持費は地元市町村が負担しなければならない。

そこで名護市は維持費を捻出するため多額の借金を抱え込んでしまい、日本政府との従属関係はますます増しつつあり、地元の自治、自立は大変困難な状況に追い込まれるという結果を招いてしまっている。本当に不幸な事態といわざるを得ない。〟

 最後に返還地域の跡地利用について映像を交え次のように話してくださいました。

 〝返還が予定されている普天間基地の跡地利用について宜野湾住民は次のように考えている。普天間基地の地下内には鍾乳洞がたくさん点在している。

そこで箱ものを造る近代的都市を目指すのではなく、自然の地形を生かした国立公園にし、観光事業を立ち上げていきたいというしっかりとした構想を持っている。

ただ問題は米軍によって垂れ流された汚染物質(放射性廃棄物等)が多く残っていることが考えられ、その除去をどうするかということだ。

 北谷町の美浜地区は返還に際して、ビジョンを持って都市計画をたて、そのビジョンに沿って誘致する企業を丹念に調べ、計画にあった企業を選び出し開発を行った。

その結果、現在コンベンションセンターなどでは多種多様なイベントが行われ多くの人が詰め掛け、また若者、家族連れ、とそれぞれニーズに合った商店がうまく配置され活気に満ちた賑わいを見せている。まさに街つくりに成功した例といえる。

 この北谷町に対して那覇市のおもろ地区は都市つくりに失敗した典型的な例だ。ここは街つくりを都市再生機構に都市計画の全てゆだねてしまったため、大きなマンションが雑然と立ち並び、パチンコ店など遊興施設が配置され、緑も少ない地帯になってしまった。自前の計画を放棄したための行き当たりばったりの都市づくりに陥ったことによる弊害が出ていると言わざるを得ない。

 最後に読谷村は、今年の7月31日に読谷飛行場が返還される。その跡地利用として都会を目指した都市開発をするのではなく、読谷の文化、(織物、焼き物等)や特産物(紅芋、サトウキビ)を生かし、文化館、特産物館を建設したり、紅芋を利用した紅芋お菓子のような新特産物の開発、それにサトウキビ畑など、農業の充実をうたい読谷村の地場産業の育成に力を入れた開発計画をたてている。今後の行方が注目される。

 このように外部からのお金に頼るのではなく自前でよく計画を立てその地域の特色を生かした開発がこれからは必要である。〟と松島さんは力説されていました。

 自身経済学者として自戒の念を含め、今後自主自立経済発展の必要性について論陣を張り訴えていくと決意を述べられました。 (記録およびコメント 会員・S) 
スポンサーサイト



<< 西表島開発を問う(上) | ホーム | 海兵隊のグアム移転と沖縄経済を考える(中) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP