FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

徳之島への基地移設問題

2月16日、18日の南海日日新聞に徳之島への普天間基地移設問題についての報道がありましたので、お伝えします。



米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設候補地の一つに徳之島が浮上して波紋が広がる中、徳之島3町長は15日、移設反対の決議書を作成し、あらためて基地移設に反対する表明を行った。
 
決議書作成は、徳之島愛ランド広域連合議会臨時会後に、3町長が協議して行われた。決議文には「徳之島3町は米軍普天間基地の移設に関して協同歩調をとり徳之島への移設に断固反対することを決議する」と明記、3町長がそれぞれ署名押印した。

 決議書作成について大久幸助天城町長は「基地移設には断固反対。この島は農業と観光で発展しなくてはいけない。これまで口頭でそれぞれ反対してきたが、書類にすることであらためて確固とした表明となった」などと話した。

 基地移設問題は、一部報道があった1月27日から奄美群島内に大きな波紋を広げた。徳之島では同日に徳之島の自然と平和を考える会(椛山幸栄会長)が反対集会を開催したほか、徳之島3町長や金子万寿夫県議会議長に要望書を提出するなど活発な運動を展開。

また、自民党や共産党の代議士らが相次いで来島し、意見交換や演説会を開催するなど中央を巻き込んだ動きもみられた。

 一方で、移設問題に反対以外の立場で動く「基地問題を考える会」(谷岡一会長)も活動を開始している。18日に基地移設に反対以外の立場で、徳之島町長に要望書を提出する。

 政府・与党は沖縄の米軍普天間基地の移設先を検討する検討委員会を17日に開く予定で、提示される移設案次第では、あらたな火種を生むことにもなりかねない。同検討委員会の行方が注目される。


奄美群島12市町村の首長や議会議長らで構成する各種協議会が17日、奄美市内のホテルで開かれ、2010年度事業計画案や予算案などを審議し、それぞれ承認した。

市町村長・議会議長合同会では、米軍普天間基地の徳之島移設案浮上問題で、奄美全体で反対していくことを確認した。全市町村の議会が3月定例会で反対決議を提出する。


米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設候補地の一つに徳之島が浮上して波紋が広がる中、基地移設に肯定的な立場である「徳之島の基地問題を考える会」(谷岡一会長)は18日、3町に移設の是非を問う内容の要望書をそれぞれ提出した。

 谷岡会長ら3人が3町役場を訪問。3町長らと面談し、要望書を手渡した。徳之島町を訪れた谷岡会長らは「島民全員が詳しい情報を共有し、メリットとデミリットを討議すべき。住民投票で受け入れの是非を決定すべき」などと訴えた。

 高岡秀規町長は「騒音や治安の乱れなどの不安がある限り移設には反対」と述べた上で、「政府から正式に要請があれば個人的には聞きたいが、テーブルに着くかは3町長で考えるべき問題」と答えた。

 徳之島で基地移設問題に反対以外の立場での動きは初めて。同会員は現在6人。谷岡会長らは「反対する気持ちも分かるが、将来を考えると不安。反対は善、賛成は悪の風潮になっている。雇用や人口増、活性化を考える上でも住民が討議すべき問題。政府にも陳情したい」とも語った。

 要望書は「米軍普天間基地徳之島移設の是非を問う」が基本テーマ。不特定多数の住民との面談で集めた反対や賛成、中立の3つの立場の意見を明記した上で、政府との対話を求めている。
スポンサーサイト



<< 今日から琉球に行きます | ホーム | 台湾と「沖縄ブーム」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP