FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

明日から東京にいき、島嶼、琉球、内発的発展について議論します

宮古島では多くのことを学びました。下地さん、佐渡山さん、伊良波さん等にお会いして、宮古の話を色々と伺うことができました。心よりお礼申し上げます。また自転車を借りて、宮古島の南部地域を走りました。上野のユニマット、来間島、ドイツ村、製糖工場等に行きました。市街地ではウタキやカー、仲宗根豊見親の墓等を歩き、文化や歴史を学びました。

5月のゆいまーるの集いが充実したものになるように、島の方の協力を得ながら頑張りたいです。

沖縄大学の国際開発学会の研究部会でも20人以上の方が参加してくださり、真剣な議論が展開されました。会場準備には沖縄大学地域研究所の後藤さんをはじめとする所員の方々に大変お世話になりました。緒方所長には同研究所との共催にご理解とご協力をして下りました。心より感謝申し上げます。また、発表して下さった方々にもお礼申し上げます。

様々な観点から琉球やグアムの開発、内発的発展を考えることができました。


明日から、東京に行きます。

明治学院大学で以下のような研究会が開催されます。同大学の竹尾先生、勝俣先生のご理解とご協力で本研究部会を開くことが可能になりました。心よりお礼申し上げます。


第二回「島嶼社会の振興開発と内発的発展」研究部会

日時:3月1日13時から18時まで
会場:明治学院大学白金台校舎本館9階92会議室

国際開発学会「島嶼社会の振興開発と内発的発展」研究部会、明治学院大学国際平和研究所共催

論題・発表者
1.「軍事基地跡地利用開発の検証―沖縄の持続可能な発展へ向けて」
真喜屋美樹(早稲田大学大学院博士課程)

2.「琉球弧における内発的発展」
松島泰勝(龍谷大学)

3.「焼畑から常畑へ:ソロモン諸島における有機農法普及プロジェクトの社会文化的妥当性」
関根久雄(筑波大学)

4.「南太平洋における中国・台湾の存在」
三田剛史(早稲田大学現代政治経済研究所) 

司会:松島泰勝

問い合わせ:松島泰勝(matusima345@yahoo.co.jp)


3日は沖縄協会におきまして、琉球の開発、内発的発展について講演を行います。
同協会の清成会長とは昨年、法政大学で対談させていただき、藤原書店の『環』39号に掲載されています。
今回発表の機会を頂戴した清成先生にお礼申し上げます。


東京でも琉球での研究会と同じく、真剣な議論をして互いに学びあいたいです。

スポンサーサイト



<< モノレールの塩害、腐食問題と島嶼性 | ホーム | 今日から琉球に行きます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP