FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日本の原子力発電と太平洋、フィジーとイラク、パラオと日本の常任理事国入り

2005年3月、4月の太平洋諸島ニュースをお送りします。
日本は放射性物資を欧米から太平洋を通じて運んでおり、太平洋島嶼国が大きな懸念を以前から示してきた。放射性物資の輸送に関して事件事故が発生すると島嶼国は甚大な被害をこうむることになります。



4/7 Pacnews
 太平洋諸島フォーラム事務局が放射性物質の海上輸送に懸念を示している。

アーウィン・フォーラム事務局長は、太平洋における放射性物質の輸送に再び懸念を示した。
今年4月上旬に、放射性物質を積んだ船舶が太平洋諸国の排他的経済水域の一部を通過する予定である。同船舶は日本を目的地として進んでいる。

 フォーラムメンバーの島嶼国は、日本、フランス等の輸送責任国が国際的なガイドラインに従った船舶輸送の安全に関する措置を実施するという保障を得ている。しかし、フォーラム事務局は、万一の事故に対する賠償責任が適正ではないと懸念を示している。

アーウィン事務局長は「輸送責任国が、太平洋海域におけるいかなる事故に対しすべての現実的な対応をとるとの約束を歓迎する。しかし、もしも放射性物質の漏洩等の事故が発生した場合、その経済的な損失を島嶼国は非常に心配している。経済的に不安定な太平洋島嶼国は漁業、観光等、海洋に関連した産業に大きく依存じている。」と述べた。


フィジーは国連の平和維持活動として以前から自国軍の兵士を中東等に派遣してきました。
国軍軍人だけではなく、民間人も傭兵、軍事会社のガードマン等として中東地域に派遣されています。現在の暫定首相のバイニマラ氏も軍人であり、軍が国の政治において大きな影響力をもっています。


4/13 Pacnews
 フィジー人傭兵がイラクで総額300万米ドルを稼いだ。

過去6ヶ月の間、イギリスのセキュリティー会社に雇われた250人のフィジー人傭兵がイラクにおいて、300万米ドルを稼いだ。フィジー人傭兵のうち、5人が月3000米ドル、20人が月2500米ドル、さらに20人が月2300米ドル、残りの205人が月2000ドルの給料を得た。

すべての給料はフィジーにある個人の銀行口座に振り込まれた。こらから数ヶ月、さらに多くのフィジー人がイラクに派遣されるだろう。



日本は国連の安全保障理事会の常任理事国入りを目指していますが、パラオは以前から日本に賛同する姿勢を示してきました。小国は自らが有する外交権を活用して、諸大国との関係を強化し、経済的土台の強化を進めるという側面もあります。



3/2 Pacnews
 パラオが日本の国連安全保障理事会常任理事国入りを強く支持している。

テミー・シュムール国務大臣は、日本の国連安全保障理事会常任理事国入りを強く推すメッセージをパラオのベック国連大使に送った。

ベック国連大使は、日本の常任理事国入りを支持する内容の発言を、2月22日に開催された第59回国連総会において行った。シュムール国務大臣は、「日本は欧州諸国とともに国連改革の先頭に立って行ってきた。パラオは日本の国連改革に賛成する。」と述べた。
スポンサーサイト



<< 『沖縄論―平和・環境・自治の島へ』 | ホーム | 琉球慰霊団とサイパン、日本人とサイパン、トンガの貧困 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP