FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『沖縄論―平和・環境・自治の島へ』

宮本 憲一先生、川瀬 光義先生から『沖縄論―平和・環境・自治の島へ』を頂戴しました。心より感謝申し上げます。

長年にわたり琉球経済や自治について研究をされてきた宮本先生を中心とする論文集であり、特に経済、財政、基地、環境、自治、基地跡地利用等の観点から琉球について論じた書籍です。大変勉強になり、刺激をうけました。

本論文集の執筆者でもある真喜屋さんから、論文集とも関係するシンポジウムのお知らせを頂戴しましたので、会わせてお伝えします。



宮本 憲一 川瀬 光義【編】
岩波書店 (2010/01/28 出版)

価格: ¥4,095 (税込)
本土の圧倒的無関心の下にグアム移転協定は調印されたが、鳩山新政権誕生後に普天間基地移設問題が焦点となっている。
名護市辺野古への新基地建設について、急速に反対が強まりつつある。
どうすれば沖縄は米軍基地の島から脱却することができるのか。

経済の自立と環境保全に向けて、いま緊急の課題とは何か。
本書はこの十年間の政治・経済・社会状況を踏まえ、沖縄県内と本土の研究者が共同して沖縄の現状を解明。
将来像についても具体的な提言を行った。


第1部 米軍基地撤去と自立経済は可能か(「沖縄政策」の評価と展望;米軍再編と沖縄;基地維持財政政策の変貌と帰結)

第2部 鍵としての環境問題(環境問題から看た沖縄;米軍基地跡地利用の阻害要因;米軍基地の跡地利用開発の検証;米国における軍事基地と環境法)

第3部 産業と自治の展望(沖縄の産業政策の検証;地方自治体と安全保障政策;沖縄の自治の未来)

名護市辺野古への新基地建設に抗議して、米軍普天間飛行場の県外・海外移設を求める沖縄県民の声は高まる。米軍基地をどうするか。経済自立、環境保全、沖縄の経済と社会をいかに改革していくかを検証した画期的な論集。




 シンポジウム「『普天間』――いま日本の選択を考える」
        ――日米安保と環境の視点から――
                        主催  法政大学沖縄文化研究所
                            普天間緊急声明呼びかけ人

  現在、鳩山政権にとって最大の“難題”といわれているのが、沖縄の普天間基地問題です。
 この問題は、沖縄県民だけの問題ではありません。仮に日米安保を容認し、その「抑止力」を必要とすると考えたとしても、負担は日本国民に平等でなければなりません。

普天間問題が日米安保体制そのものを脅かすほどの重要性・緊急性を持っているのか、大いに疑ってみる必要がありますし、さらには、この問題は、そろそろ冷戦時代の安保条約や「抑止力」論という発想から脱却しなければならないことを要請しているともいえます。

 2010年1月に公表された340名の本土の学者・知識人の緊急声明は、普天間基地の県内移設(新設)に反対する意思を表明し、米国政府には日本国民が十分時間をかけて議論できるよう、圧力をかけないことを要請し、また日本国民には、冷戦思考からの脱却と敵のいない東アジア地域を作り上げていく努力と議論を始めることを呼びかけました。

 本シンポジウムは、この声明の趣旨を受けつつ、より広く、また深く、普天間をはじめとする沖縄基地問題を考え、議論していく、第一歩として企画されたものです。

 2つの観点からこの問題を考えます。第1は、基地をもたらしている日米安保体制と米軍再編はどのようなものであるか、そのオルタナティブは何か、を追求することです。第2は、基地によってもたらされた(あるいはもたらすだろう)環境破壊、地域破壊を明らかにし、沖縄の未来を構想することです。


 挨拶 増田寿男(法政大学総長)
 発言 加賀乙彦(作家)宇沢弘文(東京大学名誉教授)ほか

 講演 桜井国俊(沖縄大学長)、佐藤学(沖縄国際大学教授)

 パネルディスカッション 司会・遠藤誠治(成蹊大学教授)
桜井国俊・佐藤学・宮本憲一・古関彰一・明田川融(予定)
 
【日時】二〇一〇年三月二〇日(土) 午後二時~五時

【会場】法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎6階 薩埵(さった)ホール
 (JR総武線市ヶ谷駅・飯田橋駅、都営新宿線市ヶ谷駅、東京メトロ有楽町線市ヶ谷駅または飯田橋駅、東京メトロ東西線飯田橋駅、東京メトロ南北線市ヶ谷駅または飯田橋駅、いずれも徒歩一〇分)

【資料代】五〇〇円

【お問い合わせ】futenma.sympo.q@gmail.com 【予約】futenma.sympo@gmail.com(予約は不要ですが、人数把握のためあらかじめ連絡いただければ幸いです。お名前、連絡先、所属を明記してください)
スポンサーサイト



<< 〈近代沖縄〉の知識人 | ホーム | 日本の原子力発電と太平洋、フィジーとイラク、パラオと日本の常任理事国入り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP