FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

〈近代沖縄〉の知識人

屋嘉比収さんより『〈近代沖縄〉の知識人―島袋全発の軌跡』吉川弘文館を送っていただきました。心よりお礼申し上げます。心して読ませていただきたいと思います。

屋嘉比さんは、昨年10月に出版された『沖縄戦、米軍占領史を学びなおす―記憶をいかに継承するか』に続いて精力的に本を出されています。自らの琉球・沖縄論を世に問うという姿勢に刺激を受けます。

屋嘉比さんは元々琉球近代の思想史の研究を着実に行っていた方で、今回の本はこの研究成果であると思います。琉球の近現代における思想を語る上で欠かせない人が屋嘉比さんであるといえます。

次に本の紹介文を掲載します。


琉球処分以降、沖縄戦、米軍占領期まで、過酷な時代を生きた郷土史家・島袋全発。伊波普猷らとの交流や帝国主義・ナショナリズムとの戦いから、今に生きる沖縄の近代思想を浮かび上がらせた「思想史」入門。

沖縄学の群像―プロローグ;

知識人・全発の誕生

文明開花から植民地時代へ(幼少時代から第七高造士館時代まで;国家観と民族観の相克―太田
朝敷、伊波普猷との認識の相違;京都帝国大学法科学生時代);

教育と南島研究の時代(帰郷後の全発の活動;昭和戦前期の郷土研究への沈潜);

戦時体制と沖縄方言論争(総動員体制期における言論;戦時体制下、戦場での全発);

戦後を生きる全発(沖縄民政府時代;戦後の活動);

沖縄近現代史とは何か―エピローグ
スポンサーサイト



<< 行政に依存しない竹富島の試み | ホーム | 『沖縄論―平和・環境・自治の島へ』 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP