FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

行政に依存しない竹富島の試み

2月6日の八重山毎日新聞で竹富島の人々が行政に依存せず、自らの力ででデイゴ保全に立ちあがったことについて報じていますので、お伝えします。

自治の基本は一人ひとりの島人の意思と行動です。また、石垣島の人が竹富島の試みから学ぼうとしており、島同士の対等な関係性もみられます。



デイゴ保全に立ち上がった竹富島

■いまだ対策打ち出せぬ行政
 かつて石垣小学校の校庭に、ガジュマルの大木があった。樹齢百年余の巨木だった。台風で倒伏したが、同校のシンボルとして多くの卒業生の心に刻み込まれている。

 学校によって異なるが、子どもたちの身近な樹木にデイゴがある。3市町の公共施設に導入され、特に学校緑化木として多くのデイゴを植えた。これらの木々は長い歳月をかけて生長し、子どもたちの成長を見守ってきた。春から初夏にかけて咲く深紅の花は、大勢の思い出となっているだろう。

 そのデイゴがヒメコバチの寄生で枯死し、切り倒されるケースが相次いでいる。被害の原因が解明されたのは2005年だ。発生メカニズムはまだ解明されていないが、08年には防除に効果的な薬剤が開発されている。ところが薬剤が高額なため、財政難を理由に防除はいまだ進んでいない。

 被害木の枝打ちや、枯死したデイゴの撤去作業がやっとで、依然として放置状態にある。事態の深刻さを知りつつ、何ら対策を打てない。全滅もやむなしというのだろうか。

■行政に頼らぬ独自取り組み

 竹富島で先日、デイゴを守る準備委員会が発足した。同会の調査によると、島にあるデイゴは127本。ほとんどの木がヒメコバチに寄生され、防除費は約400万円と試算された。

 人口300人余の小さな島で、すべてのデイゴを守ろうとする試みは一大プロジェクトだ。住民だけで防除費を捻出(ねんしゅつ)は厳しい。このため公民館会や郷友会員らが結束して内外に窮状を訴え、募金協力を求めるという。

 この取り組みは高く評価されよう。重要な世持御嶽のデイゴが被害に遭ったことがきっかけに、まず地域で危機意識を共有し、動きだしたのである。

 近年は金銭を投じればあらゆることができる。樹木に関しても、枯れれば植え替えて立派につくりあげることも可能だ。だが長年の歳月をかけて育った木の価値は、簡単に金銭には代えられない。

 現在ある古木を尊び、それを害虫から手当てして守ろうという竹富島独自の取り組みは、行政に依存している私たちに、ひとつの問題を提起しているといえよう。

■市民憲章運動とは何か
 石垣市には市民憲章推進協議会がある。美しい自然と郷土文化を守り育て「文化の町」「観光の町」づくりに励むという宣言に沿い、部会活動で花と緑の運動を推進している。

 ところが実践活動はどうだろうか。確かに石垣島マラソンやトライアスロンに向けて学校や婦人会をはじめ各団体に花の種や苗を配り、美しい花を咲かせている。

 だが一連のデイゴ枯死問題などに直面しても声が上がらない。イベントの美化活動も重要だが、木々の命をはぐくむ活動を繰り広げてこそ真の意義があろう。

 残念ながらデイゴ枯死問題で県や市の対策は講じられず、公共施設内のデイゴの本数、ヒメコバチ被害状態すら把握されていないのが現状だ。

 確かにデイゴを守るためには、相当額の費用を要する。厳しい財政状況では対応にも苦慮し、効果的な防除で専門的な判断も求められよう。しかしそのまま放置し続ければ、大切な木々を失うだけだ。

 大切と思うか、なくなっても良いものなのか、行政に問いかけたい。予算はなくとも、実態調査は可能だろう。動かなければ何も解決しないのである。
スポンサーサイト



<< 『島嶼沖縄の内発的発展――経済・社会・文化』 | ホーム | 〈近代沖縄〉の知識人 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP