FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『島嶼沖縄の内発的発展――経済・社会・文化』

『島嶼沖縄の内発的発展――経済・社会・文化』が西川 潤、松島泰勝、本浜秀彦の編著で藤原書店からこの3月に出版される予定です。

島嶼、経済、アジア、歴史、文化、自治、国際法、アイデンティティ、基地、平和学等、多面的な観点から琉球の内発的発展について論じた本です。是非とも多くの方に読んでほしいと思います。編集をさせていただき思いましたが、自信を持って多くの方に紹介できる琉球論であると思います。

この本を契機にして、琉球の島々において、内発的発展の思想と実践に対する理解がさらに深まることを希望しています。研究会、シンポ、講演会等において本書に基づいた議論をさらに進めていきたいと考えています。



目次

はじめに 西川 潤 11


Ⅰ 島嶼ネットワークの中の沖縄
1 沖縄から見た島嶼ネットワーク構築【沖縄・台湾・九州経済圏の構想】 嘉数 啓 35
はじめに 35
1 復帰後の沖縄経済と持続可能な発展へ向けての課題 36

2 沖縄と台湾の経済的関係 42
3 沖縄・台湾・九州経済圏 46
4 課題 49
結びに 57


2 辺境島嶼・琉球の経済学【開発現場の声から考える】 松島泰勝 62
1 「復帰」後の琉球経済の従属化 62
2 島嶼における植民地経済の形成 65

3 情報通信産業にみる琉球の搾取構造 72
4 辺境の島から内発的発展の島へ 83


3 〈島嶼・平和学〉から見た沖縄【開発回路の「再審」を通じて】 佐藤幸男 89
はじめに 89
1 東アジアのなかの沖縄 91

2〈島嶼・平和学〉とはなにか 96
3 沖縄をめぐる開発政治空間 100
4 沖縄の自己決定/自律への道標――「エンデの島」は可能か 105
まとめ 108


Ⅱ 沖縄とアジア
4 周辺における内発的発展【沖縄と東南アジア(タイ)】 鈴木規之 115
はじめに 115

1 沖縄と東南アジア(タイ) 116
2 沖縄の開発・発展をめぐる動き――復帰三五年をめぐる新聞記事を中心に 119
3 沖縄の開発・発展をめぐるディスコース 126

4 開発・発展をめぐる沖縄の人々の意識 130
5 東南アジア(タイ)の経験と沖縄 134
おわりに 136


5 泡盛とタイ米の経済史 宮田敏之 140
はじめに 140
1 タイ砕米とは何か? 142

2 泡盛生産の推移 144
3 泡盛の発展とタイ米――戦前 146
4 泡盛の発展とタイ米――戦後 147
5 泡盛の発展とタイ米――復帰後 151
おわりに 158


6 現代中国の琉球・沖縄観 三田剛史 163
1 中国における琉球問題の所在 163
2 琉球処分に対する中国の見解 164

3 第二次世界大戦後の沖縄の処遇に対する見解 168
4 現代中国の琉球・沖縄観 175


Ⅲ 内発的発展の可能性
7 沖縄の豊かさをどう計るか? 西川 潤 183
1 GNPで計れない「豊かさ」――社会指標は何をどれだけ現わすか? 183

2 基本的必要と人間選択の拡大を基礎に置いた豊かさの理論 188
3 国民総幸福と充足経済 197
結びに 203


8 沖縄・その平和と発展のためのデザイン【沖縄産品と内発的発展に関する一考察】 照屋みどり 212
はじめに 212
1 外国産商品に脅かされる伝統工芸業界 214
2 かりゆしウェア 219
おわりに 225


9 返還軍用地の内発的利用【持続可能な発展に向けての展望】 真喜屋美樹 227
はじめに 227
1 読谷村の基地と村づくり  231

2 読谷村の跡地利用開発 235
3 中南部都市圏の大規模跡地での跡地利用概要 246
おわりに 249


Ⅳ 文化的特性とアイデンティティ
10 「うない(姉妹)」神という物語【沖縄とジェンダー/エスニシティ】 勝方=稲福恵子 257
1 「うない」神という物語効果  257

2 「うないフェスティバル」――フェミニズムと姉妹信仰との出会い 261
3 「杣山」訴訟の「人権を考えるウナイの会」 263
4 近代的土地制度を拒否した久高島の神女たち 267
5 神話化されたジェンダーを歴史化する 269


11 エキゾチシズムとしてのパイナップル
【沖縄からの台湾表象、あるいはコロニアルな性的イメージをめぐって】 本浜秀彦 272
はじめに 272
1 「魚群記」における「台湾女」表象 275

2 オキナワ文学における「中国」「台湾」表象の系譜 280
3 パインというメトニミー――台湾、あるいはイメージのねじれについて 288
4 東アジア内をめぐる身体イメージ――ハワイ、沖縄、台湾 292


12 奄美・沖永良部島民のエスニシティとアイデンティティ【「われわれ」と「かれら」の境界】 高橋孝代 297
はじめに――『境界性の人類学』の試み 297
1 周縁化への歴史 299
2 質問紙調査とインタビュー調査 301

3 ボーダー・アイデンティティと社会的要因 315
4 国家と周縁 318
結びに 322


Ⅴ 沖縄の将来像
13 沖縄自立構想の歴史的展開 仲地 博 329
はじめに 329

1 背景にあるものー沖縄民族意識 330
2 自立構想の系譜 332
3 二一世紀――分権時代の沖縄と道州制 341
結びに 346


14 国際人権法からみた沖縄の「自己決定権」
【「沖縄のこころ」とアイデンティティ、そして先住民族の権利】 上村英明 352
はじめに――沖縄における社会問題群の本質を考える 352

1 沖縄人に対する差別の基本構造は何か――「沖縄県」と「沖縄県民」のわな 355
2 沖縄人の政治的意思としての「人民の自己決定権」を考える 358
3 沖縄を異なる「政治的意思」をもつ集団として切捨てた日本 364
結びに――人権保障の基礎としての「人民の自己決定権」と「沖縄のこころ」 367


15 沖縄の将来像 西川 潤・松島泰勝 373
1 本当の豊かさとは何か 373
2 沖縄の内発的発展 375

3 内発的発展の下からの積み上げによる自立へ 379


あとがき 本浜秀彦・松島泰勝 383
スポンサーサイト



<< 徳之島への米軍基地移設問題に対する私の考え | ホーム | 行政に依存しない竹富島の試み >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP