FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

太平洋島嶼国自由貿易合意とフィジー、ソロモン諸島と中国、英国のセキュリティー会社とフィジー

2005年3がtの太平洋諸島ニュースをお伝えします。

現在、豪州、NZ主導で太平洋諸島を対象にして自由貿易主義が推進されていますが、同地域で規模が大きく、産業が割と育っているフィジーが「一人勝ち」するという状況がでてきています。


3/10 Pacnews
 太平洋島嶼国自由貿易合意(PICTA)によりフィジーの貿易収入が増大している。

フィジーは過去3年間において、太平洋地域における貿易において年間6130万米ドル以上の貿易収入を得てきているが、その理由は太平洋島嶼国自由貿易合意(PICTA)の効果によるものであるとされている。

PICTAは太平洋諸島フォーラムに属する14の加盟国により2001年に調印され、2013年までに太平洋諸国において生産される全ての商品に対する関税が撤廃される予定である。


ソロモン諸島と中国との経済関係が強化されています。



3/18 Pacnews
 ソロモン諸島の野党議員が中国を訪問する。

ソロモン諸島議会野党のリーダーである、ヒリー議員が10日間の予定で中国を訪問する。ヒリー議員は、中国政府の招待で、野党議員7人の団長として訪中する。中国政府からの招待状は全議員に送られた。

ビリー議員は出発前に、ソロモン諸島政府に対し、同国首都のホニアラに中国の貿易施設の設置を認めるように求めた。

ビリー議員は、22年前にソロモン諸島は台湾と外交関係を締結したが、その間、毎年、台湾政府から提供される6600万ソロモンドルの援助金を除くと、台湾との貿易上の利益はほとんどないと述べている。同議員は、無償資金援助は短期的にはいいが、長期的にみると持続可能な資金ではないと語った。

2003年におけるソロモン諸島から台湾への輸出額は100万ソロモンドルであるのに対し、台湾からの輸入額は450万ソロモンドルと貿易赤字であった。

他方、同年におけるソロモン諸島から中国への輸出額は1億3000万ソロモンドルであったが、中国からの輸入額は3100万ソロモンドルと貿易黒字であった。


軍事会社のフィジーへの進出が積極的に行われています。軍人が政権を握るだけでなく、軍人経験者が海外に働き行くなど、軍事が島の経済や政治において大きな意味を持つようになっています。



3/21 Pacnews
 英国のセキュリティー会社がフィジーでイラク派遣の兵士を採用する。

英国に拠点をおくコントロール・ソリューション社のフィジー支店であるサブル・インターナショナル・フィジー社は、イラクで4週間勤務する元軍人のフィジー人50人を採用する。

既に250人のフィジー人が同社と契約してイラクで働いている。同社は6ヶ月間の契約で、1ヶ月2000~3000米ドルの給料を支払っている。イラクに派遣されたフィジー人は、テロリストに殺されないように、軍人を警護する仕事につくだろう。

同社がフィジー人採用を決めた理由は、フィジー人は非常に責任感があり、完璧な英語を話し、立派な体格をしており、世界で最も優秀な兵士であると高く評判されているからであった。同社はフィジーに訓練施設を設置する予定である。
スポンサーサイト



<< フィジーと国連、米国のミサイル迎撃実験、豪州とパプアニューギニアとの関係 | ホーム | 徳之島への米軍基地移設問題に対する私の考え >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP