FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フィジーと国連、米国のミサイル迎撃実験、豪州とパプアニューギニアとの関係

2005年2月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
フィジーは国連の平和維持活動に積極的に参加しており、それが認められ、アジア太平洋地域において中心的な役割を果たす平和維持活動訓練センターがフィジーに設立されることになりました。




2/10 Pacnews
 フィジーに国連平和維持活動の訓練センターが設置される。

国連は数百万ドルを投じて、新しい国連維持活動のための訓練所をフィジーに設置すると発表した。国連加盟国のうち103カ国が同センターの設置場所として自国への誘致を望んでいたが、最終的にフィジーが選ばれた。フィジーのほかには、アフリカのソマリアに同様な訓練施設が設置されている。

フィジー政府のタボラ外務大臣は、国連から正式な決定通知は届いていないが、フィジーが選ばれた理由として、長い間、国連に貢献してきたからであろうと述べた。来月、米陸軍退役軍人を含む12人の軍関係者がフィジーを訪問し、軍事訓練学校の設置に関する協議を行う予定である。

この訓練センターはアジア太平洋地域における国連の中心的な施設になる。



米国はマーシャル諸島のクワジェリン環礁にあるミサイル迎撃実験場を活用して、自国の戦略核の実験をしています。いわば太平洋を実験場にしているといえます。太平洋の島々と琉球の米軍基地をトータルで捉える必要があります。




2/15 Pacnews
 米国のミサイル防衛実験が失敗した。

マーシャル諸島のクワジェリン環礁にあるミサイル防衛システムは、ミサイル迎撃実験に失敗した。ミサイル防衛局によれば、これはミサイル防衛実験における2度目の失敗例となる。現在、実験失敗の原因が調査されている。

クワジェリン島におけるミサイル実験地上支援機器において、実験当初から不具合があった。8500万米ドルをかけて実施されたミサイル実験のこのような失敗を、大きな後退であると考える人もいる。



豪州による太平洋島嶼国に対する支配、管理、統一化、植民地化が進んでいます。豪州政府は、警察、官僚の派遣をパプアニューギニア政府に対して行っています。そのような過程で、このような事件が発生したのです。



2/18 Pacnews
 豪州軍がパプアニューギニア軍の情報を盗んだとして非難されている。

モロベ州のウェング知事は、豪州軍がパプアニューギニア軍の秘密情報を集めており、同国の安全保障が侵されていると批判した。また同知事は、パプアニューギニア軍の戦闘戦術等も豪州軍に流出しており、国を護ることができない状況にまでなっていると述べた。

他方で、豪州軍とパプアニューギニア軍は30年にわたり防衛協力をしてきおり、両軍の人的交流によりパプアニューギニア軍の実力が低下することはないとする意見もある。

パプアニューギニアの警察は国内における武器の違法取引を取り締まることができない。特に同国の国境地帯において違法な武器取引が行われているが、警察は武器取引を取り締まるために必要な方法を身につけていない。この問題は、豪州政府が資金援助する、今年6月に開催される武器サミットにおいて議論される予定である。
スポンサーサイト



<< 普天間基地の勝連半島沖移設案の疑問 | ホーム | 太平洋島嶼国自由貿易合意とフィジー、ソロモン諸島と中国、英国のセキュリティー会社とフィジー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP