FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

普天間基地の勝連半島沖移設案の疑問

3月14日の沖縄タイムスに普天間基地の勝連半島沖移設案に関する記事が掲載されていましたので、お伝えします。

勝連半島、平安座島、宮城島、浜比嘉島は昨年のゆいまーるの集いで訪れたところです。平安座島、宮城島にはCTSがあり、軍用機事故により大惨事が発生するおそれがあります。また、宮城島には「ぬちまーす」の工場がありますが、基地建設により良質の海水がとれなくなる心配があります。

日本政府は琉球人の生活を考えず、軍事的な観点からのみ移設先を探しています。島人の反発を生むのは当然です。

次から次に移設案を出して、琉球各地から反発を生むだけに終わっています。鳩山政権は本当に皆が納得できる移設先を提示できるのでしょうか。




米軍普天間飛行場移設をめぐり、米軍ホワイトビーチから津堅島の間を埋め立てる案に、航空自衛隊那覇基地や米軍那覇港湾施設(那覇軍港)も併設することを政府が検討していることに対し、地元首長や普天間飛行場の国外・県外移設を求める意見書を全会一致で可決した県議会関係者、識者からも「流れに逆行している」「県民世論は国外・県外だ」と反発の声が上がった。

 島袋俊夫うるま市長は「県民世論は『国外・県外』で一致し、わたしも既にその立場を示している。この考えに変わりはない。ホワイトビーチなどの案については政府から正式に示されたものでなくコメントする立場にない」と述べた。

 高嶺善伸県議会議長は「意見書の趣旨からしてもどの議員も容認できないはずだ。ゼロベースの検討から県内移設を完全に除外することが政府に対する県民の希望だ」と強調。基地集約について「整理縮小は県内のたらい回しでなく、原則論でいかないといけない。県内移設を認めることは、あらゆる選択肢を認めることになる。県内での地域間対立も起こしかねない」と指摘した。

 1999年に結成した「普天間基地・那覇軍港の県内移設に反対する県民会議」で共同代表を務めた佐久川政一沖縄大名誉教授は、県内で移設先の名前が次々と挙がることに「11年前から状況は進展していない」と話す。那覇軍港などの併設案には「どの案であろうと県内移設は受け入れられないというのは県民がずっと言い続けてきた。政府はもう沖縄以外で移設先を探すつもりがないとしか思えない」と憤った。

 我部政明琉球大教授は同案について「無理だ」と断言。「巨大で長期的に使われる基地をまったく新しく造ることになり、埋め立ても広大になる。SACO合意以降の流れにすべて逆行しており、県民が利点を感じられる要素がない」と指摘する。

「県民は那覇空港から空自がいなくなることより滑走路増設を望んでいる。那覇軍港を併設するなら牧港補給地区の返還と浦添市の港湾整備はどうなるのか」と疑問を示した。

 昨年の県民大会で共同代表を務めた玉城義和県議は「自衛隊を抱き合わせるなど、保守層が反対しづらい状況をつくろうという姑息(こそく)な手段ではいつまでも解決しない」と糾弾。「政府が県内移設が可能だという幻想を捨てなければ、この問題はまた何十年も泥沼化する」と語気を強めた。
スポンサーサイト



<< 徳之島での基地移設反対運動 | ホーム | フィジーと国連、米国のミサイル迎撃実験、豪州とパプアニューギニアとの関係 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP