FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

竹富島のリゾート開発計画問題

今日、沖縄県議の上里さんのご紹介で、竹富島のリゾート開発計画に反対している「竹富島憲章を生かす会」の上間さんと電話で話しました。現在、「竹富島憲章を生かす会」というHPを運営しています。島のうつぐみの精神で、島の方々がともに助け合って生きていけるように島の生活を守ってほしいと思います。

島民による、島民のための、島民の生活や発展を島人が合意して決めた竹富島憲章は、竹富島、そして琉球の宝です。
島外資本による大規模開発を拒否してきた竹富島のこれまでの生き方を守るかどうかが今問われています。

2009年12月1日の八重山日報に竹富島リゾート開発計画についての記事が掲載されていましたので、お伝えします。



 竹富島憲章を生かす会が12月1日、川満栄長竹富町長を訪れ、竹富リゾート開発に関する給水、建設予定地の電柱設置についての行政からの説明を求める事項と、臨時総会で議決された住民投票を行うように竹富公民館への勧告を求める事項が記された要望書を手渡した。

同会は「地域社会における身近な問題に対しては住民投票が一番適切。町長に正しい判断をして頂くために住民投票はするべき」と訴えた。

 同会では竹富公民館の臨時総会で議決された、竹富リゾート開発に対しての住民投票が4カ月経過しても実施されていないことを挙げ、竹富町から公民館へ勧告を行うことを要望。「臨時総会を設けて住民投票を行うと決まったのにも関わらず、それを行わないのはおかしい。町長が責任を持って判断を下すためには住民投票しかないと思う。その点、町長には意思表明をはっきりとしてほしい」と話した。

 これに対して、川満町長は「公民館は地域においての最高議決機関として認識している。(町としては)これからどうしていくのか推移を見守っている状態。竹富島の将来を決する重要な事項であるので、住民を網羅した話し合いを行い、結論を出してほしい。住民投票を行うと決議をしているので、総意としての答えを待ちたい」と、住民合意を最優先とする考えを示した。

 また竹富リゾートに対する給水については、石垣市との分水協定を結んでいることから、リゾート営業用に給水を行うことは協定に規定された「住民の生活用水」ではないとして、申請許可を出したことについての回答を求めた。同じくリゾート建設予定地への新たな電柱の設置許可を行ったことについても説明が求められ、「地下埋設」を遵守することを要望した。

 そして「水不足問題は石垣市議会でも取り上げられている。きちんとした裏付けや根拠を元にして許可を出すべきではないのか。電柱設置の許可についても、まずは住民に説明をすべき」との意見に対して、町は「今一度、石垣市や関係機関に確認を行う」としたものの明確な回答はなかった。
スポンサーサイト



<< 普天間移設問題に対する政治家の意見 | ホーム | アイヌ民族、琉球民族に関する人種差別撤廃委員会の日本政府への勧告文 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP