FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

普天間移設問題に対する政治家の意見

昨日は、大阪で反APECの集いで、太平洋諸島、琉球における自由主義的経済政策が軍事、政治とつながり、新植民地が太平洋上において形成されているという内容の話をしました。集いの関係者の皆様に大変お世話になりました。お礼申し上げます。


3月16日の琉球朝日放送で、普天間移設問題に対する政治家の議論についての報道がありましたので、お伝えします。

琉球人と同じ境遇にあるチャモロ人が基地反対をしているグアムになぜ社民党は基地を移設すべきといえるのか。
県内移設を提案する下地議員は本当に琉球人なのか。自らの利権によって琉球を日米に売り渡そうとしているのではないか。

琉球人のことを考えているふりをして、民主党を批判する自民党は自らの辺野古海上案を総括していないのではないか。

琉球人に期待を持たせ、今、裏切ろうとしている民主党、鳩山首相は、自らの嘘をどのように琉球人の前で弁解するのだろうか。日本人の品性が問われます。

琉球人はこのような混乱した状況において、自らの意思で基地を廃除する意思を示すだけでなく、基地に結びく生活の在り方を問い直す必要があります。








鳩山政権は普天間基地の移設先について、今月中に政府案をまとめ、アメリカ政府や地元自治体との交渉に入る方針を示していますが、政府内から伝わってくるのは「県内移設」を前提とした案ばかりです

一方、野党の自民党は、こうした鳩山政権の姿勢を「公約違反」と追求し、与党の支持率低下と政権の奪還を狙っています。この普天間問題を巡る与野党の攻防と平野官房長官がまとめようとしている政府案の中身について岸本記者の報告です。

仲井真知事「新聞にいろんな案が出てきますよね。これは一体何ですかというのを含めて伺ったんですが、(平野官房長官は)ゼロベースで検討していると・・」

今月8日。普天間基地に関する与党の検討委員会で、社民党は「グアムやテニアン」を中心とした移設案、国民新党は、15年の使用期限をつけた嘉手納統合案とシュワブ陸上案を提案。

下地幹郎議員「自分が出した案が実現可能性があり、将来、沖縄県民のためになると思ってますから」平野官房長官は今月中に政府案をまとめる作業を水面下で進めていてこの問題を巡る駆け引きは、激しさを増しています。

社民党 新里米吉県議「沖縄からの間違ったメッセージが一部伝わっているだろうけども沖縄では、議会も市町村長も経済界からも県外・国外の声が出てき ていると」「間違った情報が政府にとって都合がいいとか耳触りの良い話であるから、そこにすり寄っていくようなことがあったら県民の怒りのマグマは爆発すると伝えた」

県内移設ありきで検討を進めているのではないか?県選出の国会議員も疑いの目を向けています。

照屋寛徳議員「ホワイトビーチから津堅島を埋め立てる案、あんなところ出来っこないですよ」仲井真知事「あそこはもずく漁とかやってるでしょ」先週土曜日、2人が、息をひそめて議論したのは、平野官房長官が私案として検討しているとされる勝連半島の沖に普天間の替わりの施設を作り、航空自衛隊那覇基地や那覇軍港も合わせて移転する案。

仲井真知事「ゼロベースで勉強してるという回答で、あれはいったい何なの?」平野官房長官「もろもろ雑談の中の話ですよ。いろんな人と会うと、そこで会話したことがみんな出て行ってこんがらがっているんじゃないかと思いますから」と、平野官房長官ははぐらかせましたが、民主党県連の喜納代表は、官房長官本人からこの案について直接、説明を受けたと話します。

民主党県連 喜納昌吉代表「しばらく考えてね。与勝という話が出てきたのね。Q、官房長官から与勝という話があった? そうそう」「与勝はまず、首長が反対しないだろうとということと漁業組合が反対しないという言い方をしていたな」

しかし、島袋うるま市長はQABの取材に対し、「国外・県外というまとまった県民意思があり、市としてもこれ以上の負担は受け入れられない」と反対する意思を強調しています。

自民党 大島幹事長「沖縄県民を弄ぶのはやめなさい!」「選挙の時に、県外・国外に持っていくと言ったじゃないですか!」一方、この問題を政局に利用し、政権奪還を狙う自民党は鳩山政権への攻勢を強めています。

谷垣自民党総裁「5月までに結論が出ないということになると」「これが出来なかったら、やはり総理は退陣されるべきではないか責任を取るべきではないか」Q、内閣不信任案の提出も考える?「それも一つの手法でしょうね」

そして、足並みが揃わず、不協和音が高まる与党。国民新党 下地幹郎国対委員長「私に仕事をやれって言ってるんでしょ!県外・国外は仕事をしない人の言うことだよ!」照屋寛徳議員「非常に悔しい思いをしております」民主党県連

 喜納昌吉代表「ただ私は平野さんに聞いた。平野さんと鳩山総理の思いは同じですかと聞いた。いや、実は私は鳩山総理がまだ何を考えているのか判らないと言ってますから。」

そして、最終的な判断を下す総理。鳩山総理「沖縄県民のみなさんの理解が得られる案に集約させるプロセスがこれから必要になってくると思う」 県内移設の案ばかりが浮上する展開に県民の不安は強まっています。鳩山総理は、今月中に政府案をまとめると明言していますから残された期間はもう2週間しかありません。

崖っぷちに立っているはずの総理は、あまり危機感を感じているように見えませんが、その総理に今の沖縄の声を伝えるのが、国会議員の役目であり知事の役目のはずです。この重要な時期だからこそ、県民の声を代弁する形で「県外」への強いメッセージを発してほしいと思います。
スポンサーサイト



<< 台湾の軍艦外交、マーシャル諸島の核実験賠償要求、太平洋における捕鯨をめぐる政治 | ホーム | 竹富島のリゾート開発計画問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP