FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

藤原書店創設20周年の集い

22日に東京で藤原書店創設20周年を祝う集いが開かれました。シンポジウム、講演会、日本、琉球、中国の太鼓、唄、踊り等で盛大にお祝をしました。

私も第二部でスピーチをする機会を頂戴し、現在の琉球の状況、ゆいまーるの集いの活動について紹介しました。
同じコーナーで在日の金時鐘さん、アイヌ民族の結城幸司さんも話されました。この集いには、海勢頭さん、前利さんも参加されました。

二次会でも多くのかとの出会いがあり、まさに、藤原書店は人と人とをつなぐ出版社であると改めて感じ入りました。

翌日、藤原書店におきまして、海勢頭さん、結城さん、そして私で話し合いをしました。アイヌ民族から私はこれまで多くを学びましたが、結城さんのお話は生活に根差したアイヌの生き方がよくわかり、とても心に残りました。現在、アイヌと世界の先住民族をつなぐ具体的な活動をされており、狩猟民であり、海洋民であるアイヌ民族が世界に大きく飛翔しているという印象も持ちました。

海勢頭さんも高い精神性を踏まえた観点から琉球の古代、今の話を聞くことができました。穏やかな語りで、物事の本質を静かに語る姿が心に沁み入りました。このような精神性を持った方が琉球の政治、つまり知事になった方がよいのではないかと思います。現在の利権、利害に超然として琉球の豊かさをさらに深めることができるのではないでしょうか。

今回の集いの内容は藤原書店の『環』に7月ごろ掲載される予定です。


藤原社長、藤原書店とのお付き会いは10年近くになりますが、多くの人との出会い、考え、研究や活動を前に進める機会を与えてくださった、藤原社長、藤原書店に心よりお礼申し上げたいと思います。

スポンサーサイト



<< 奄美大島宇検村の島おこし活動 | ホーム | 台湾の軍艦外交、マーシャル諸島の核実験賠償要求、太平洋における捕鯨をめぐる政治 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP