FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

鳩山首相の嘘と琉球

3月25日の沖縄タイムスに普天間基地移設問題に関する記事がありましたので、お伝えする。

鳩山首相は、選挙前に琉球人の前で普天間基地の県外移設を約束したにもかからわらず、結局は嘘をついた。
琉球人はこれまで何度も日本人に騙されてきましたが、首相による嘘は琉球人にとってもつ意味が大きく、「屈辱の日」として後世の人々も鳩山首相を批判するのではないか。

民主党県連も、民主党中央に対して怒りをあらわにしています。県内移設を強行しようとしている鳩山政権の本体は民主党にあり、民主党県連の国会議員は離党して、新たな政治勢力を結成すべきではないか。それが琉球人への納得のいく説明となろう。琉球人の意地を見せてほしい。






鳩山由紀夫首相は24日夜、官邸で記者団に米軍普天間飛行場移設問題をめぐり、「一番大事なことは危険性除去であり、まず最初に行いたい。普天間の全面返還を求めて選択肢を選定しようとしている」との考えを示した。政府高官は同日、取りまとめを急ぐ政府案に関して「(普天間の機能を)沖縄から5割以上県外に出せるかがポイントだ」と述べ、キャンプ・シュワブ陸上案や勝連沖埋め立て案を軸に、県外への分散を増やすよう模索していることを示唆した。

 鳩山首相は同日の参院予算委員会で、移設先について「県外をあきらめていない。当然選択肢に含まれている」とする一方、普天間の継続使用の可能性を問われ「あらゆる選択肢をゼロベースで検討している」と見解を明確にしなかった。

 平野博文官房長官は同日の会見で、23日の関係閣僚協議について、与党内の議論や情報提供を含め、10以上の移設候補案を報告したと説明。25日から沖縄を訪問する北沢俊美防衛相と仲井真弘多知事の会談内容については「政府の考え方が示されない中、(検討状況は)伝えないと思う」と述べた。

 普天間返還後の原状回復について、鳩山首相は参院予算委で「土壌汚染を含めて(米側の負担部分を)日米地位協定の議論をしたい。環境に特化して交渉したい」と指摘。岡田克也外相は地位協定上、米は原状回復義務を負わないとしつつ、2000年に環境基準に関する日米共同声明があると説明。米側の負担は「(地位協定と声明の)二つをどう解釈するかの問題だ」との認識を示した。

小沢氏「県外は約束」
民主県連の要請で認識

民主党の小沢一郎幹事長は24日、民主党県連の喜納昌吉代表、連合沖縄の仲村信正らと会談し、米軍普天間飛行場の県外移設について「県民との約束」との認識を重ねて示した。鳩山由紀夫首相が昨年の衆院選で「最低でも県外」と訴えたことを念頭に置いた発言だ。一方、喜納代表は政府が県内移設を決めた場合の対応として、内閣総辞職を求める考えを明らかにした。

 民主県連は14日の定期大会で「県内移設を断念し、国外・県外への移設を求める」ことを決議。24日は決議文を小沢氏、平野博文官房長官、岡田克也外相に手渡した。仲村会長も「普天間の早期閉鎖・返還と県内移設断念」を求める要請書を小沢氏に提出した。

 出席者によると、小沢氏は民主県連との会談で「鳩山首相も選挙の時に『最低でも県外』と言った」と指摘。仲村氏との会談でも首相発言に言及し「それこそ県民に(県外・国外移設を)約束したみたいな感じになる」との認識を表明したという。

 県連によると、小沢氏は勝連沖案について「あれは埋め立てなのか」と指摘。案の内容を詳細に把握していない様子だったという。シュワブ陸上案は「下地君(国民新党の下地幹郎国対委員長)が言っている案だよな」と述べるにとどめ、会談内容を「(政府に)しっかり伝える」と答えたという。

 民主県連の玉城デニー、瑞慶覧長敏の両副代表らは一連の会談で「参院選に向け沖縄では民主党への風当たりが非常に強い」「針のむしろで、裏切り者と罵(ば)声(せい)も浴びている」と政府の検討が県内移設に収束している状況への危機感を強調。

 喜納代表は県内に決まった場合の対応について「これだけ公約を守れない内閣は替わった方が民主党の未来に良い」と強調した。

スポンサーサイト



<< ソロモン諸島の海面上昇問題、ニューカレドニアのカボチャ、豪州の太平洋諸島に対する「グッドガバナンス」政策 | ホーム | 奄美大島宇検村の島おこし活動 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP