FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ソロモン諸島の海面上昇問題、ニューカレドニアのカボチャ、豪州の太平洋諸島に対する「グッドガバナンス」政策

2004年、2005年の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
海面上昇はツバル、マーシャル諸島、キリバス等の海抜が低い島々で大きく問題になっていますが、ソロモン諸島のように大きな国の離島においても深刻化しています。



1/27 Pacnews
 ソロモン諸島の離島において海面上昇が報告されている。

ソロモン諸島の幾つかの島々の首長達から、ここ数週間における海面上昇が報告されている。
マライタ州に属するルアニウア島の首長達が、島々周辺海域の海面が上昇し、大波が海岸に押し寄せていることに対し懸念を示した。

モレル警視総監が同島を訪問して住民から海面上昇に関する状況を聴取した。警視総監が離島を訪問するのは初めてのことであったので、島の住民は大歓迎をした。モレル警視総監は、離島に警察署を設置するのは困難であるが、諸問題に対応しうるように警察官が定期的に離島を訪問することが必要であると述べた。



南半球にあるトンガから日本へのカボチャ輸出は有名ですが、仏領のニューカレドニアからもカボチャが日本に輸出されています。季節の端境期を利用して、日本との経済関係が形成されています。



2/2 Pacnews
 ニューカレドニアからカボチャが日本に輸出される。

ニューカレドニアのカボチャ栽培農家が少なくとも3500トンのカボチャを輸出する予定である。今年の主要な輸出先は日本であり、日本ではニューカレドニア産のカボチャに対し大きな需要がみられる。

2004年には洪水により500トンのカボチャが被害をうけ、その結果、2700トンが日本に輸出された。49人の農家が主にニューカレドニア本島の南部でカボチャを栽培している。



豪州は「良い統治(グッドガバナンス)」を旗印にして、太平洋島嶼国への支配、管理政策を強化しています。
援助金によって自国の政策を押し付けようとしており、新しい植民地主義であるといえます。



11/29 PIR
 ダウナー豪州外相がバヌアツへの援助金を削減すると脅している。

ダウナー外相は、公共サービスや良い統治を後退させるようなバヌアツ政府の諸政策を改めさせるために、豪州政府からバヌアツ政府への援助金を削減すると脅している。

豪州の野党、労働党は、太平洋諸国に対しより厳しい対応を取るべきだと主張しており、今回のダウアー外相の対応を支持している。バヌアツに対する最大の援助提供国である、豪州政府は年間2450万米ドルに相当する援助事業を実施しているが、その事業が削減されるかもしれない。

豪州政府は、バヌアツ政府のボホール首相が重罪を犯した人物を再任命し、公的サービスに大きな支障を与えたと非難している。また豪州政府は、バヌアツ政府が、金融取引に関する法律を緩和し、首相護衛隊を創設しようとして、司法制度に介入していることをも非難している。
スポンサーサイト



<< ミクロネシア諸島への日本人観光客の訪問、マーシャル諸島大統領の台湾訪問、ナウルの経済危機 | ホーム | 鳩山首相の嘘と琉球 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP