FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

豪州の太平洋政策、イラクで死亡した米領サモア人軍人、軍事会社で働くフィジー人

2004年12月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
豪州は先週もお伝えしましたように、自らの影響量を太平洋諸島全体に及ぼそうとする国家戦略を実施しています。
その中心が安全保障と良い統治政策です。



12/9 PIR
 豪州政府の太平洋諸国に対する援助政策の中で安全保障と良い統治が重視されている。

豪州政府は、太平洋諸国に対する新しい援助政策の中で、太平洋諸国が「失敗国家」にならず、テロリストの拠点にならないための計画を重視している。

昨年、豪州はソロモン諸島の治安を回復するために自国の軍隊と警察を派遣し、平和維持活動のリーダーシップをとるなど、太平洋諸国への介入政策を実施した。

豪州の新しい援助政策では、太平洋諸国における法、司法、安全、効率性、説明責任性、民主的政府、安定的な経済成長、公的サービスの提供等の改善に重点がおかれる。


米領サモア人も米軍人としてイラクで戦い、血を流しています。



12/7 PIR
 イラクにおいて命を落とした、3人目の米領サモア出身者兵士がでた。

サモア人であるトゥイアルウルウがイラクのモスルにおいて反政府集団から攻撃を受けて死亡した。トゥイアルウルウは米軍兵士としてイラクにきたのは4ヶ月前であった。

2005年1月はじめには約300人の米領サモア人がイラクに米兵として到着する予定である。彼らは現在、米国内において特別な戦闘訓練を受けている。



フィジー人の元軍人が軍事会社の契約社員として外地で働き、母国に送金しています。
「楽園」フィジーも紛争地域と無縁ではありません。



12/15 PIR
 524人のフィジー人が中東で働く契約社員になった。

60人のフィジー人が第一陣として民間の警備会社との契約でクエートに向けて出発する予定である。彼らは危険を承知の上で、危険に見合う十分な報酬を得るために出稼ぎにでる。

イラクやクエートで働くフィジー人兵士は全体で524人にのぼる。彼らは月に2150米ドルの報酬、そのほか104米ドルの手当てをもらう。また65700米ドルの生命保険にも加入している。
スポンサーサイト



<< 徳之島は琉球の「圏内」である | ホーム | 島嶼社会の振興開発と内発的発展研究部会 3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP