FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国連から日本へすーぱーめ~ご~さ~

10日、沖縄国際大学にて次のようなイベントが開催されます。私も琉球にいたら参加したい集いです。これまでお世話になった方々も出席します。お時間がある方は、ぜひ、ご参加ください。

次に親川さんの集いへの参加を呼びかせる声をまず、ご紹介します。



みなさまこんにちは 親川裕子です。
ご無沙汰している方々、突然のメールで申し訳ございません。。

来月4月10日に開催されるNGO市民外交センター主催『国際人権法ワークショップ
』のご案内です。

沖縄が抱えさせられている問題を国際人権法、人民の自己決定権や先住民族の権
利という視点から
考え、参加者全員で討論し、今後の具体的な実践へと繋げていきたいと考えてい
ます。

趣旨等々は下記及び添付のチラシをご確認ください。
先住民族について学ぶ学生、これから先住民族を支援するNGO活動に参加を希望す
る方々を対象としております。

新年度始まって早々、また清明祭(シーミー)に入った最初の土曜日で
なにかと日程的に厳しい時期かとお察ししますが、みなさまのご協力をいただけ
ますと幸いです。
その他、ご不明な点等ありましたらご連絡ください。



第5回 第2次・先住民族の国際10年記念ワークショップ2010
国連から日本へすーぱーめ~ご~さ~
-ウチナーンチュは「自己決定の権利」主体である-

NGO市民外交センターは、2006年より先住民族について学ぶ学生や、これから先住
民族を支援するNGO活動に参加希望する方々を対象として、国連人権システムと先
住民族の権利保障の視点から先住民族問題の基礎を学ぶワークショップを毎年東
京で開催してまいりました。

今年は日米の政権も代わり、新しい流れと旧来の思想や利害が錯綜する中、沖縄
を囲む問題を国際人権法、とくに人民の自己決定権や先住民族の権利を考えるため沖縄での開催を企画しま
した。

2006年には人種主義に対する特別報告者ドゥドゥ・ディエン氏の沖縄訪問や報告
書の国連総会への提出があり、2008年には国連の自由権規約委員会から「琉球・
沖縄人の先住民族としての権利を認めよ」の勧告が出されました。

そして今年3月16日には人種差別撤廃委員会より「沖縄における不均衡な軍事基地の集中が住民の
経済・ 社会・文化的権利の享受を妨げる」、「教科書は沖縄の文化を反映させた
ものにすること、義務教育課程で琉球語を用いた教育を」との勧告が出されまし
た。

現在の沖縄を囲む問題解決の可能性を参加者全員で討論し、具体的な実践に
つなげていければと思います。

◆開会挨拶:10時・・・・・・・・当真嗣清(琉球弧の先住民族会代表)

★セッション1:国際人権法の可能性と沖縄からの取り組み-沖縄の問題を整理
する (10時10分~12時30分)

司会: 木村真希子(市民外交センター/明治学院大学国際平和研究所助手)
【基調報告】10時10分~10時50分・・・・・・・・・上村英明(市民外交センタ
ー代表)

【パネル・ディスカッション+フロアーとの質疑】(10時50分~12時30分)
*パネリスト*
伊波洋一 (宜野湾市長)
宮里護佐丸(琉球弧の先住民族会)

上村英明 (市民外交センター代表/恵泉女学園大学人間社会学部教授)

★セッション2:国連人権機構の可能性と沖縄の現状-これからできるいろいろ
なこと(14時00分~16時00)
司会:大嶺晴子                 

【パネル・ディスカッション+フロアーとの質疑】
*パネリスト*
知念幸見(国連人種差別撤廃委員会第6回日本政府審査参加)

渡名喜守太(第2会期国連先住民族の権利に関する専門家機構参加)
親川裕子(女性差別撤廃委員会第6回日本政府審査参加)

*コメンテーター* 平良識子

★セッション3:誰に何を訴え、どう動かすか-国際社会の可能性と沖縄の未来
(16時00分~17時25分)

司会:当真嗣清                
*コメンテーター* 上村英明

◆閉会
◆日時:2010年4月10日(土)10時00分~17時30分
◆場所:沖縄国際大学 5号館107教室

◆資料代:一般\500 学生無料
◆お問合せ:当真 090-4100-0454
◆事前申込:不要 当日、直接会場にお越し下さい。

主催:市民外交センター (Shimin Gaikou Centre)
 http://www005.upp.so-net.ne.jp/peacetax/
後援:琉球弧の先住民族会 (Association of Indigenous Peoples in the Ryukyus)

*本ワークショップは沖縄国際大学「平和学Ⅰ」のご協力を得て開催されています
スポンサーサイト



<< 竹富島のリゾート建設計画 | ホーム | 沖永良部島における米軍基地拡張反対運動 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP