FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カマイサミット①

先週の土日に西表島祖納公民館で開かれた、第二回カマイサミットに参加してきましたので、ご紹介いたします。

カマイ(猪)と人間との関係、カマイを通して人間と自然との関係の在り方などについて考える集いでした。考古学、人類学等を専門とする研究者が琉球、日本、他のアジアにおけるカマイについて報告しました。

カマイの刺身、カマイ肉のソバ等を美味しく食べた後に開かれた夜のシンポジウムには、西表島、石垣島、沖縄島ヤンバル、奄美大島の人々のほか、台湾の原住民パイワン族が参加しました。

それぞれの島の実例、狩りをする時の声、動作、道具を見せていただきました。琉球、台湾にカマイ狩猟文化が現代にいきづいていることがわかりました。

島の自然が生きているからカマイも生きていけ、そして人間もカマイによって生かされてきた、島のもう一つの生活史を学ぶことができました。

第三回眼のサミットは12年後の猪年ですが、是非ともまた行ってみたいです。


IMG_2015.jpg
祖納公民館の入り口にある、カマイサミットの幟。

IMG_2013.jpg
受付の机では、サミットを記念した、カマイ、カマイ猟師の写真が張られた泡盛が売られてました。

IMG_2004.jpg
祖納公民館の中で会場の準備をしている方々。

IMG_2010.jpg
カマイを煮るためのシーミーナベ。島の女性たちがおいしいカマイ料理を作って下さいました。



スポンサーサイト



<< カマイサミット② | ホーム | 西表島開発を問う(下) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP