FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

竹富島のリゾート建設計画

4月3日八重山毎日新聞に竹富島のリゾート建設計画の記事が掲載されていましたので、お伝えします。

本NPOの理事である上勢頭さんが竹富公民館の館長に選ばれました。ご本人と話をしましたが、島外で生まれた者が島の人に認めてもらい大変うれしいと仰っていました。また館長としての重責をも感じておられました。

特にリゾート建設計画という大きな課題をどのように島の自治、「うつぐみの精神」に基づいて進めていくのかという大きな課題に対して、多くの島の方が上勢頭さんに期待されていると思います。

上勢頭さんには、龍谷大学の学生さんにも話をしていただきましたが、学生も島の自治に対して大変、感動していました。



竹富島東部宿泊施設建設で竹富公民館(上勢頭芳徳館長)は2日午前、竹富町役場に川満栄長町長を訪ね、3月31日の定期総会で同施設建設が賛成多数で決議されたことを報告した。県に建築確認申請を行っている星野リゾート(長野県・星野佳路社長)と南星観光(竹富町・上勢頭保代表)も同日付で町に着工届けを提出した。同社では建築確認を経て夏までに着工し、2012年春には竹富島のリゾートが完成する予定。

 同社によると、同リゾートは同島東部の約6.7ヘクタールに赤瓦屋根の木造コテージ50棟を建設する。総事業費約30億円で年間2万人以上の利用客を見込んでいる。

 建設にかかる行政手続きは08年9月に県から開発許可が出ており、同社が昨年10月に建築確認申請を提出。賛成多数の総会決議が得られたことから、着工届けを同日午前、町に提出した。

 数カ月以内には建築確認が許可される見込みで、町役場を訪ねた同社の星野究道専務は「地域の同意が得られたということで着工に向けて進めたい。これでいったん決着して手続きを進めるが、反対している人々とは今後も対話を続けていきたい」と川満町長に報告した。

 川満町長は「1年6カ月にわたって地域に説明を行い、地域の疑問に答えてきた企業努力に感謝している。公民館から同意が得られたという報告があったので、町としても協力して良い施設を造っていきたい」と述べ、水問題やごみ問題などについて企業側と協議を進めていく考えを示した。

 公民館の合意に星野専務は「総会決議の159人の賛成は本当にうれしく思っている」と竹富島の風景にあった施設にする見解を改めて示し、上勢頭代表も「地域と一体になった共存共栄で島の土地を活かし、守ることを前提として話し合いを詰め、時間をかけて説明してきてよかった。良い形で島の土地を守っていくことが最大の使命だ」と語った。
スポンサーサイト



<< 与那国島の自衛隊基地と離島防衛 | ホーム | 国連から日本へすーぱーめ~ご~さ~ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP