FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与那国島の自衛隊基地と離島防衛

3月27日の八重山毎日新聞に与那国島への自衛隊配備計画についての記事がありましたので、ご紹介します。
米軍基地の徳之島案、勝連半島案、辺野古陸上案等と、米軍基地だけでなく、自衛隊基地の増強も進んでいます。

海洋基本法ができ、離島防衛が自衛隊において本格的に議論されています。日米両軍は、琉球において戦争の準備をしています。かつての沖縄戦のように、日本本土を守るために琉球を戦場に限定して捨て石にするつもりでしょうか。

自衛隊基地によって島経済の活性化、自立化が進むのではなく、国への依存であり、国に命までも左右される島になるのです。




北沢俊美防衛相は26日午後、自衛隊機で与那国入りし、外間守吉町長らと面談したほか、久部良漁港や西崎を視察した。大臣は与那国町について「日本の最西端で防衛にとっては極めて重要な位置になる」との認識を示し、外間町長から要請された同町への陸上自衛隊配置について「省内で個別に具体的に検討し、自衛隊、内閣としてどうあるべきか検討していきたい」との見解を示した。

北沢防衛相の与那国入りは今回が初めて。防衛大臣としては昨年7月の浜田靖一前防衛相以来、2人目。同町では約1時間滞在し、福岡空港を経由し、東京に戻った。北沢大臣は午後2時50分ごろ那覇から自衛隊機で与那国空港に到着。町役場で外間町長らと約10分間面談した。

そのなかで外間町長が同島への陸上自衛隊部隊配置と防空識別圏の見直しを文書で要請した。

 大臣帰任後に空港で行われた会見で外間町長は「島の活性化のため自衛隊誘致を要請した。大臣からは前向きに町長の意向に沿うよう努力したいという話があった。決してダメという話でなかったのでプラス思考に考えている。かなり良い感触を持った」と話した。

 ただ、中期防衛力整備計画(中期防)のなかで与那国という名称を付けることについては「全体のなかで先島地区としての形でしか提示できない。先島地区として限定し検討したいという話だった。そのなかには与那国が入ると理解していいと思う」と話した。

 中期防は今年8月にまとまり、12月に公表される見通し。

 自衛隊の経済効果に疑問を持つ声があることには「今後誘致が決定すれば防衛省からのメニューを見て、町からも条件を突きつけていく。動いた時に、地域の皆さんの意向を尊重する。住民説明会は考えている」とした。

 インフラ整備として、港湾整備、漁業者の所得補償、総合グラウンドの3つを挙げ「これを誘致とリンクする形で防衛省にお願いしたい」とした。

 防空識別圏についても「町長の不安を払拭するようにしたいとの話だった」と述べた。

 大臣の来島に対し誘致に反対する住民20人余が横断幕とプラカードを掲げ反対の意思を示した。また、与那国町革新共闘会議の新崎長吉議長らが、大臣の帰任時に空港で誘致反対の要請をしようとしたが、事前日程になかったことで実現しなかった。

 同会議の新崎議長らは「反対している私たちの声もしっかり聞いて丁寧に対応してもらいたい」と述べ、北沢大臣の手元に届くよう後日、民主党代表あてに郵送する考えを示した。
スポンサーサイト



<< トンガとイラク、パラオと違法薬物、パプアニューギニアとプラステックバック | ホーム | 竹富島のリゾート建設計画 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP