FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トンガとイラク、パラオと違法薬物、パプアニューギニアとプラステックバック

2004年12月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

トンガと米国との軍事的関係は100年に前にさかのぼります。イラクにもトンガ兵が派遣されました。
米国は北太平洋の島々だけでなく、南太平洋の島々とも強力な軍事関係を持っています。


12/21 PIR
 トンガ兵がイラクから帰国した。

トンガ王国の海兵隊がイラクから無事、帰国した。トンガが戦場に自国兵を派遣したのは今回を含めて過去2回ある。最初は、第二次世界大戦中であり、28人の兵士が1942年、ガダルカナル島に派遣され、2人の兵士が死亡した。駐トンガのリオン米国大使はトンが国王に対し、「60年前と同じくトンガ兵が米国の海兵隊とともに敵と闘った。世界平和に対し大きな脅威を解決する唯一の道は勝利しかない。」と述べた。

トンガ国王のツポウ4世は、トンガと米国との関係は100年前に遡ることができ、第二次世界大戦中、米国戦艦50隻がサンゴ礁海戦に備えてトンガのヌクアロファ湾に待機していたが、米国のトンガ国、トンガ国民に対する愛情に感謝すると述べた。



私がパラオに住んでいたときにも時々、マリファナを違法に栽培している場所が警察によって見つかり、焼却処分されるという記事が新聞に掲載されていました。またフィリピンからも覚せい剤が密輸されたこともありました。違法薬物中毒になった青少年を更生させる教育事業も熱心に行われていました。



12/28 PIR
 パラオ警察がマリファナ栽培場を摘発した。

パラオ警察は、ペリリュー島、アンガウル島において数千本ものマリファナが栽培されていた38箇所の栽培場を摘発した。

ペリリュー島では3368本、アンガウルでは880本のマリファナの木が廃棄された。廃棄されたマリファナは金額にすると15万米ドルにものぼるとされている。摘発時において逮捕者は1名もいなかったが、現在、捜査が進められている。



太平洋諸島が近代化されるとともに、島外からプラスチック製品、缶詰等、自然に帰らない物が多く輸入され、大量のごみとなって、島の景観や自然を破壊しています。島は近代化によってゴミが目に見えてたまりやすい場所といえます。パプアニューギニアの試みは大変重要だと思います。



12/30 PIR
 パプアニューギニアにおいてプラスチック製の袋の輸入・販売・製造が禁止される。

プラスチック製の袋の輸入と販売は今月から、製造と販売は来月1月から禁止される。この措置によりパプアニューギニアの街の美化に役立つと期待されている。住民がショッピングをする際には、プラスチック製の袋ではなく、織物のバッグやバスケットを利用することが奨励されている。

同国の製紙会社は紙製のショッピングバックの需要が増大すると期待している。
スポンサーサイト



<< マーシャル諸島の海洋汚染、バヌアツと台湾、バヌアツと中国 | ホーム | 与那国島の自衛隊基地と離島防衛 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP