FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

マーシャル諸島の海洋汚染、バヌアツと台湾、バヌアツと中国

2004年11月の太平洋諸島のニュースをお伝えします。

島嶼国の首都における人口増加、海洋環境の破壊等、缶詰など、近代的輸入食料品に依存で、病気をする人が増えています。以前、私がマジュロに行ったとき、OFCFの越後氏から島の漁業支援についての話を聞きました。


11/1 PIR
 マジュロの海洋生物が危機に晒されている。

マーシャル諸島海洋資源局と日本の海外漁業協力財団(OFCF)による報告書において、マーシャル諸島の首都マジュロ海域に生息する海洋生物が、都市人口の増大によって魚を過剰に捕獲し、環境問題が深刻化したために、危機に晒されている実態が明らかにされた。

海産物が減少したために、住民は輸入食料品に依存するようになり、健康状態が悪化している。OFCFの越後学氏は「我々がしなければならないことは漁業資源を管理する計画を実施することである。計画の実施において地域住民と政府職員との連携が求められる。」と述べた。

魚の乱獲が行われている原因として人口の増加のほかに、首都における漁業を規制する制度が存在しないためでもある。



ニュースの後、ボホール首相に対し内閣不信任動議が提出され可決され、同年12月、新首相に副首相であったハム・リニが選出され、台湾との外交関係締結も撤回されました。



11/4 PIR
  バヌアツが台湾と外交関係を締結した。

バヌアツのボホール首相が中国を訪問して、中国との外交関係維持を強調してから1ヵ月後に、ボホール首相は台湾との外交関係締結を発表した。台湾とバヌアツは両国関係を強化し、相互の貿易を促進する。

バヌアツは台湾の国連、世界保健機構、その他の国際・地域機関への加盟を支持する姿勢を示した。中国を認めていたこれまでの「1つの中国政策」からバヌアツは大きく転換した。バヌアツの外務省は、ボホール首相が台湾を訪問していたことや、首相と台湾政府との話し合いの内容も知らされていなかった。バヌアツは台湾との外交関係を締結した、27番目の国となった。


このような動きの背景には中国による次のような動きもあり、中国、台湾による援助に左右される島嶼国政府の弱さを示しています。

バヌアツの大半の人々はサブシステンス(自給自足)の生活をしており、対外援助によって利益を得るのは、同国の一部のエリート、特権層にすぎません。独立国家ですから、堂々と自主外交を展開すべきです。


11/7 PIR
  中国政府はバヌアツに対し援助中止の脅しをかけている。

駐バヌアツの中国大使は、もしバヌアツが台湾と外交関係を締結するならば、1000万米ドルの中国からの援助金を失うことになるだろうと警告した。

中国政府はすでに自らの援助金により、バヌアツの国会議事堂、南太平洋大学校舎、農業大学、外務省の建物を建設した。

また中国政府はすでに医療団、教員、卓球のコーチをバヌアツに派遣した。中国大使は、もしバヌアツが中国との外交関係の終了を本当に望んでいるのなら、援助金の提供を直ちに中止し、中国大使館もバヌアツから引き上げると述べた。
スポンサーサイト



<< 徳之島の民意を無視する鳩山政権 | ホーム | トンガとイラク、パラオと違法薬物、パプアニューギニアとプラステックバック >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP