FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

徳之島の民意を無視する鳩山政権

4月3日、5日の南海日日新聞に普天間基地の徳之島移設に反対する声が掲載されていましたので、お伝えします。

徳之島の民意を無視する鳩山政権に対し、徳之島の怒りは沸騰点に達しています。
いのような怒りを持つのは当然です。日本中から嫌がられている米軍基地の75%を押し付けられている南琉球の人々の
怒りも、復帰後、40年近くも続いています。
 



伊藤祐一郎県知事は2日開かれた定例記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先に徳之島など県内が候補地として取りざたされている問題について、「県民の理解が得られる状況にはない。今後とも地元や県議会と足並みをそろえて反対していく」と異例のコメントを発表し、県内移設に反対する立場をあらためて強調した。

一方で、政府から県内移設の正式要請があった場合の対応については「絶対反対の立場を変更する余地はないが、会う会わないは別問題。国権の最高機関の長であり、具体的な要請があった時点で考えざるをえない」と述べ、要請の内容と時期で判断する考えを示した。
 伊藤知事は、県内移設について水面下も含めた政府からの要請の有無について「今の段階では全くない」と語り、県側から政府に対し積極的に情報収集や反対の働き掛けを行う考えはないとの姿勢を見せた。

 一連の政府側の対応に関して「いろんな所で、いろんな人が、いろんなレベルで発言し二転三転している。大変重要なテーマであり、そういう案件ではないと思う。言葉を弄(ろう)しすぎだ」と批判的な見解を示した。

 徳之島で反対運動が高まっていることについては「農業の島として奄振事業などで農村基盤整備やダム建設など相当の投資が行われ、今のままで生活が営めるレベルに来ていることを住民も分かっている。観光の問題もあり、徳之島の方々が賛成に回ることは絶対にありえない。住民投票の可能性もゼロに近い」と述べた。

 「平成の大合併」が終了したことへの感想を求められ、特に奄美での合併問題に言及。「合併特例法で掲げた財政措置が奄振の財政措置と同レベルで、合併のメリットがあまりなかったのだと思う。それに、与論とかの合併は必要はないと思っていた。外海離島の合併を進めた記憶は自分にはないし、別の体系で守らざるえない」との認識を示した。

 国土交通省が発表した公共事業の予算配分(個所付け)で、鹿児島港新港区整備に向けた調査費1千万円が盛り込まれた点について「国と話をしながらなるべく早く新港の整備を終えるのがわれわれの目標。当初のスケジュール通り、2013年度中の1バース供用に向け事業の進ちょくを図りたい」と語った。




米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設候補地をめぐる問題で4日、一部報道で鳩山由紀夫首相が普天間ヘリ部隊の大部分を徳之島に移すことを目指し調整を指示したと報じられたことが、再び地元に波紋を広げている。大久幸助町長(天城町)、大久保明町長(伊仙町)、高岡秀規町長(徳之島町)らは憤りを隠さない。これを受けて3町では、近く1万人規模の反対集会を開催する。

 徳之島では3月28日に「米軍基地、訓練基地移設反対郡民大会」(同実行委員会主催)を開催。島内外から約4200人(主催者発表)が集まり、徳之島移設反対の抗議決議と大会スローガンを採択したばかりだ。

 これまで同問題の報道で、徳之島案が浮上するたびに「基地移設には断固反対」と強く訴えてきた大久町長は、今回の一部報道を受けて「徳之島の住民は反対が大勢を占めている。政府は間違った情報を与えられている」と激怒する。

高岡町長も「政府からは何の打診もない。米国が納得するとも思えない。現実味がない。反対するだけだ」と話した。
 これまでも政府の対応に不信感を示してきた大久保町長は「闘いだ。闘いに勝つだけだ」と語気を強めた。

 同日、徳之島3町で国政報告会を行った地元選出の徳田毅代議士は「振興策があっても徳之島に基地は要らない。徹底的に闘う。宝の島を皆の力で守っていこう」などと呼び掛けた。

 3町では協議を重ねた上で、近く1万人反対集会の日程を調整して決めたいとしている。日程が決まり次第、3町長が会見を行う予定。

 なお、「米軍基地、訓練基地移設反対郡民大会の実行委員会」メンバーらは3日、NHKが1日に放送した番組に偏りがあったとして、来島した制作責任者に抗議した。大久町長は「政府も間違っているが、NHKも間違った情報を流した。厳重に抗議した」と語った。
スポンサーサイト



<< ゆいまーる琉球の集いin宮古島へのご案内 | ホーム | マーシャル諸島の海洋汚染、バヌアツと台湾、バヌアツと中国 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP