FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

公安が徳之島に入り、基地移設のために動く

4月13日の中国新聞、4月7日の山形放送で、公安調査庁が、徳之島への基地移設を進めるために調査活動を行っていると報じましたので、お伝えします。

「友愛」を主張する鳩山首相は、なりふりかまわず自らの権力を行使して、島民の反対の声を無視して、島に基地を移設しようとしています。「友愛」という言葉がこれほど形骸化したことはないでしょう。

賛成派と反対派に島を分裂させて、地域社会を消耗させ、最終的に受け入れを飲まそうとしているようです。

権力の介入に関係なく、島の自治を守ってほしいと思います。




政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設を目指す鹿児島県の徳之島で、政府側による働き掛けが水面下でじわりと進んでおり、危機感を強める島の3町は18日に1万人規模の移設反対集会を開く。

 人口約2万6千人の島に移設話が浮上して2カ月余り。島のあちこちで「基地移設反対」の看板が目につく。3月28日の反対集会には約4200人が参加。同日実施の徳之島町議選では、移設賛成を掲げた唯一の候補者が、最下位で落選した。

 ▽加速する圧力

 島の3町長は受け入れ拒否で一致。「正式な打診があっても断固反対。政府関係者と会うつもりはない」(大久幸助おおひさ・こうすけ天城町長)と突っぱねるが、7日には公安調査庁の職員が島を訪れ住民の意向調査を実施した。

大久保明おおくぼ・あきら伊仙町長は8日、関係者を通じて非公式に、防衛省幹部との面会を打診されたが拒否。「今後、さまざまな形で政府からの圧力が増すだろう」と警戒感を募らせる。

 18日の1万人集会はいったん「島民の集会疲れ」を理由に5月に先送りされたが、政府の移設方針加速を受け、やはり18日開催を3町が決めた。

 一方、基地誘致を唱える元天城町議の前田英忠まえだ・ひでたださん(62)は「満足のいく補償が示されれば、賛成に回る人は増える」と自信ありげ。鳩山由紀夫首相に近い民主党衆院議員と頻繁に連絡を取り、移設に伴う地元振興策の相談をしているという。

 ▽二の舞い

 しかし移設賛成を口にした途端、不買運動に遭った商店も。雑貨店を営む男性は「『あんたのところではもう買わない』と電話が何件もあり、商売にならない」と嘆く。

 かつて国政選挙や首長選で保岡興治氏と徳田虎雄氏の両派が「保徳戦争」を展開した奄美群島の中でも、徳之島は政争の過熱ぶりで知られた。移設反対派の住民団体会長椛山幸栄かばやま・こうえいさん(55)は「移設をめぐり、再び親子の反目や夫婦別れの悲劇が繰り返される恐れがある」と警鐘を鳴らす。

 沖縄県名護市では政権交代後の市長選で、移設容認から反対へ民意が覆った。徳之島の自営業鈴木正文すずき・まさふみさん(53)=伊仙町=は「激しい争いの末に受け入れたとしても、また政権が代われば名護と同じことになるのではないか。結局、島には何も残らない」と冷ややかに話した。



公安調査庁関係者が徳之島で推進派と接触
(鹿児島県)沖縄の米軍・普天間飛行場の移設先として徳之島が挙げられている問題。沖縄の仲井真知事によると今月1日、平野官房長官との会談の席で「ヘリ部隊の一部を徳之島に移し、訓練も九州に分散させる案が説明された」という。

そんな中7日午後、公安調査庁の調査官2人が非公式で徳之島入りし移設推進派と接触した。面会時間は1時間弱。移設に対する地元住民の意識や治安など、島の状況について聴き取りを行ったという。一方、7日夕方、地元3町の町長は先月に続き改めて移設反対の意思を表明した。

伊仙町・大久保町長は「断固反対で正式な打診あっても会わない」と話した。徳之島では先月末に大規模な反対集会が行われたばかりで、住民からも反発の声が高まっている。7日戦艦大和の慰霊祭に集まった住民に基地移設について尋ねると多くの人が拒否反応を示した。地元では今後集落への説明会や署名活動を行い、5月には再び大規模な反対集会を開く予定
スポンサーサイト



<< 西川潤・松島泰勝・本浜秀彦編『島嶼沖縄の内発的発展』をめぐって | ホーム | ゆいまーる琉球の集いin宮古島へのご案内 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP