FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

西川潤・松島泰勝・本浜秀彦編『島嶼沖縄の内発的発展』をめぐって

「干瀬のまれびとの座ーまれびとの見る沖縄を語る」と題するブログにおいて、名古屋在住の研究者(名前はわかりませんが)が、『島嶼沖縄の内発的発展』に関して以下のような文を掲載し、それに対し私が反論させていただきました。その方の了解を得て、このブログに転載させていただきます。皆様のご意見をお願いします。





「内発的発展」を外から論じるのは・・・出入りの本屋さんが持ってきた見計らいの本に、『島嶼沖縄の内発的発展』がありました。

西川潤・松島泰勝・本浜秀彦編、2010年3月30日 藤原書店刊、A5判388頁、本体価格5500円。
編者のほかに11名の研究者による論文集です。

ぱらぱら見ただけですが、沖縄に内在する「豊かさ」をいかに内部から引き上げ、本土からの振興策などに頼らない独自の発展をめざすべきか、を社会システムや経済活動、それに文化事象のさまざまな面から論じたもの、ということだと思います。

立派な本だと思いますが、率直に言って、私は違和感を持ちました。

それぞれの論文の背景にある研究については、私には論評する資格はありません。
西川潤氏の、「沖縄の豊かさ」をつきつめて考えていく姿勢など、共感するところ大です。

でも、ひとつには、個々の論文が有機的に結びついて一書として訴える力には乏しいと感じましたし、また、しばしば使われる「べき」という助動詞は、私には使えないなぁという想いが頁をめくるごとに募るのです。

「あとがき」の末尾に、「この論文集は、琉球や琉球人が現在抱えている問題の本質は何であり、琉球や琉球人はどこに向かって進むべきかを当事者意識、具体的な事実、学際的な手法に基づいて明確に示した研究や実践の成果であり、新たな琉球・沖縄論の提示である」と書かれています。

これを書いたのは編者のひとり松島氏ですが、(「沖縄」ではなく「琉球」を使うことについてはここでは措くとして)外から見た沖縄研究の成果はあくまでそれぞれの主観に立脚したものであり、それが広く受け入れられる説得力を持つかどうかは謙虚に判断を仰ぐ「べき」であると私は考えますが、そうではなく、それを沖縄の人々に対して「進むべき」方向として示す、というのは、いささか僭越ではないかと思うのです。

そもそも、本書で批判される復帰後の本土による振興策やヤマトゥンチュが押しつけるイメージなどについて、それをもたらした側に拠点を持つ研究者としての内省が、本書には感じられないように思いました。

「内発的発展」は、あくまでも「内発的」に実現される「べき」で、外からの眼は、「内」からは見えない部分について手をさしのべる姿勢に徹するというのが私のスタンスです。

そして、いよいよ山場にさしかかってきた普天間移設問題にしても、まさに内発的な問題解決の道筋が閉ざされている構造に最大の問題があるのに、そのことについては、触れられていないように思います。
このあたりが、私が違和感を感じたゆえんです。

おおかたの読者は、どうお感じになるのでしょうか?
失礼があったら、おゆるしください。



この記事へのコメント
拙書に関するコメントを読ませていただきました。

本書の編著にかかわった者です。
いくつかの批判点があります。

まず、本書をちゃんと読んだ上で、感想を述べてほしいと思います。
1.普天間基地の問題の後にくるのは、跡地利用ですが、真喜屋さんのご論文をよみましたでしょうか。

2.琉球が抱える諸問題を分析し、それではどのような方向に進むべきかという提言を行うのが、研究者の責務と考えます。「べき」との表現は、琉球に真剣にかかわる者が自らの責任において発した言葉です。

3.琉球の外と内について。私は在日琉球人です。関西には、琉球系の人々が大勢住んでいます。大和に住んでいる琉球人にとって、琉球は外ではあり、常に自らのなかにあり、日常生活の中で琉球を感じ、琉球にいる親族、友達との関係を持ち続けています。外にいる琉球人の存在を軽く見ないでください。

4.著者の中には、琉球在住の本浜、仲地、鈴木、高橋、嘉数の各研究者がおり、照屋は琉球ではたらく企業家です。あなたが指摘する「外からの議論」という前提にそもそも当てはまりません。

5.印象論で人の本を議論してはこまります。私は真剣に考え、それを文章化しました。あなたも、もしも本気で琉球にかかわろうとするのなら、本気で本書を読み、論評し、世間に示して下さい。場合によっては、研究会等で直に討論してもいいと私は思っています。

Posted by 松島泰勝 at 2010年04月13日 07:11
松島泰勝さま

はじめまして。
ご批判、ありがとうございました。
ここで、議論することは差し控えたいと存じますので、時季をみて、お話ができれば幸いです。

私の言葉足らずゆえに、ご批判いただいた面もありそうです。
基本的に拙ブログで本を取り上げるときは、取り上げるに足る内容であるという前提で紹介しており、あまたのそれほど評価できない本は取り上げておりません。そこは、ご理解ください。

それと、「外からの」というのは、沖縄県外在住であるとか沖縄出身ではない人たちの、ということは私の中では意味しておりませんが、それも私の言葉足らずだったのだろうと思います。

また、私は日常的に沖縄からヤマトに移ってこられた方々と接触しており、決して「外にいる琉球人の存在を軽く」見たりなどしておりませんが、これも誤解される要因は私の言葉足らずなのでしょう。

個々の論文について私には論評する資格がないことを述べた上で、本全体としての位置づけについて小見を述べましたが、いずれにせよ、失礼があったようですので、その点は謝ります。
本書き込みの削除をお望みでしたら、お応えします。
Posted by 干瀬のまれびと at 2010年04月13日 12:18

ご回答ありがとうございます。
貴ブログに取り上げてくださり、感謝します。
私は一研究者として、議論することにより自らの研究内容を
深めたいと願うものです。

これを機会にして、議論ができればと存じます。

ひとつお願いがあります。
私もブログをやっております。「NPO法人ゆいまーる琉球の自治」という名前のものです。そこに、論文集について貴ブログで紹介された内容、私の批判、あなたの回答を転載させてください。

議論を公にしたいと思います。

私のブログでも紹介しましたが、5月15日前後に、宮古島で第7回ゆいまーるの集いを開きます。もしもお時間がありましたら、そちらにいらしてくだされば、ありがたいです。

そちらさまの名前も、どなたなのかもわかりませんが、私は京都にある大学で働いています。もしも、近くにこられましたら、お越しください。
Posted by 松島泰勝 at 2010年04月13日 13:22
松島泰勝さま

さっそくのお返事、ありがとうございました。
さきほど書き漏らしましたが、私が実名を名乗っていない点も、おそらくご不快にお感じになられた要因であると拝察します。

本の感想を書き込むなら名乗れ、というのはおっしゃるとおりで、今後戒めにしたいと存じます。ありがとうございます。

松島さんのブログも、ときどき拝見しておりました。教えられること多く、ありがたく存じております。
このたびのやりとりの転載、もちろんかまいませんが、松島さんのブログの上で、どれだけ私が小見を述べられるかは、自分でもわかりませんので、その点はご諒解ください。

むしろ、ほかの方々が私にさまざまなご批判をくだされば、それは私にとりまして大きな学びの場となると思っております。

5月15日は、「復帰の日」でもあり、「ひめゆり」展の最終盤でもあり、宮古まで渡る余裕がありません。
が、京都は、それほど遠くありませんので、いずれお伺いできればと思います。
その節は、よろしくお願いいたします。

とりいそぎ、お返事まで。
Posted by 干瀬のまれびと at 2010年04月13日 13:42
誠実なご対応、感謝します。

貴ブログでは、誠実に琉球にかかわっていると拝察いたしました。

あなたのお返事の中で、「言葉足らず」というご表現がありました。
貴ブログ、私のブログにおきまして、本論文集、特に拙論をご批判してくださいますようお願い致します。

また私が「琉球」と使うことに対しても問題があるとのご意見のようですが、その件についてもご教示くださいましたらありがたいです。


私も、貴ブログで書かれた内容に関して、このまま「誤解」したままの状態ではいたくありません。

お手数ですが、本気で、意を尽くして、本論文集について論じて下さい。

あなたの良心を信じています。
Posted by 松島泰勝 at 2010年04月13日 19:29
松島泰勝さま

メッセージ、まことにありがとうございます。
少し時間を頂戴いたしますが、松島さんのブログにおいて、いずれ小見を述べさせていただくことといたしたいと存じます。
よろしくお願いいたします。
Posted by 干瀬のまれびと at 2010年04月13日 19:58
スポンサーサイト



<< 1兆円で徳之島は発展するのか | ホーム | 公安が徳之島に入り、基地移設のために動く >>


コメント

松島泰勝さま

干瀬のまれびと、と申します。
過日、小ブログに書き込みを頂きましたので、お返事を書いておきました。そのままコピーしておきます。
その後、状況はまだ変わりません。いま、余裕がありませんが、ご迷惑をおかけしているのも事実ですから、小ブログの該当の書き込みは削除いたします。以下、十日前のお返事です。


お待たせしており、申し訳ないことです。
5月以降、家族に重篤な病があることがわかり、とくにこのひと月以上は、最低限の仕事のほかは、すべてに優先してこの家族のために時間を費やしています。
勝手を申し、誠にあいすみませんが、事情をご賢察ください。
Posted by 干瀬のまれびと at 2010年07月05日 00:11

Re: タイトルなし

干潟のまれびと様

メール拝受いたしました。
ご家族が病気から一日も早く回復されることをお祈り申し上げます。

            松島泰勝

> 松島泰勝さま
>
> 干瀬のまれびと、と申します。
> 過日、小ブログに書き込みを頂きましたので、お返事を書いておきました。そのままコピーしておきます。
> その後、状況はまだ変わりません。いま、余裕がありませんが、ご迷惑をおかけしているのも事実ですから、小ブログの該当の書き込みは削除いたします。以下、十日前のお返事です。
>
>
> お待たせしており、申し訳ないことです。
> 5月以降、家族に重篤な病があることがわかり、とくにこのひと月以上は、最低限の仕事のほかは、すべてに優先してこの家族のために時間を費やしています。
> 勝手を申し、誠にあいすみませんが、事情をご賢察ください。
> Posted by 干瀬のまれびと at 2010年07月05日 00:11

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP