FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カマイサミット②

IMG_2035.jpg
西表島のカマイ猟師が仕掛けについて参加者に説明をしています。

他所からの技術も取り入れながら、西表独自のカマイ仕掛けが生み出されたようです。西表の適正技術であるといえましょう。

IMG_2047.jpg
カマイについての研究発表者の報告を熱心に聞く方々。活発な質疑応答も行われました。カマイについて多様な観点からの研究成果もきくことが出来ました。

IMG_2026.jpg
台湾から参加されたパイワン族の方。民族衣装を着てこられ、自らの民族の文化、生活に対する誇りを感じることが出来ました。

夜のシンポジウムでは、カマイ狩猟の時の呼び声、歌も唄って下さり、大変、感動しました。パイワン族の生活と狩猟が非常に結びついていることを理解することができました。

IMG_2067.jpg
夜のシンポジウムの模様。泡盛、オリオンビールを飲みながら、寛いだ雰囲気の中で琉球弧の狩猟文化について多くの興味深い話を聞きました。

琉球には地域の生活に根付いた多様な生き方があることを改めて実感しました。パネラーが一様に言っていたのは、島の自然が豊かであるから、カマイ猟を行うことができ、それによって人間も島で生活することが可能になった。

そしてカマイと島の神信仰が深く結び付き、感謝の気持ちで猟をしていたから、これまで乱獲をすることがなく、共生の関係をつくりあげていたということでした。

IMG_2054.jpg
報告をしている石垣金星さん。金星さんは祖納公民館長として、今回のサミットを主催し、琉球弧のカマイ狩猟者、研究者を集め、充実した交流の場を私たちに与えて下さいました。

金星さんは、島の自然と生活に根ざした人間の生き方として、有機農法、染織、エコツーリズム等を自ら実践されてこらました。

今回のカマイサミットもあらためて台湾を含む琉球のシマジマの本当の豊かさを感じることができた集いであったと思います。

カマイが人間に教えてくれることや、カマイとの持続可能な関係を作り上げてきた狩猟者が教えてくれることも多かったと思います。今後、この場で学んだことを琉球の自治、地域経済学、民際学等に関する実践と研究に生かしていきたいです。
スポンサーサイト



<< 西表島の開発 | ホーム | カマイサミット① >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


【エコツーリズム】についてのお得なブログリンク集

エコツーリズム に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると…


 BLOG TOP